【グフ試作実験機】後にドム開発へと繋がる”グフとドムの中間機” MS-07C-5を解説!

1137view

グフ試作実験機


(出典 img.mbbs.tv)

ドム開発への”布石”となったグフ

数種類が開発されたグフC型の中で最も異彩を放つグフC5型。(型式MS-07C-5)

後のドム開発へと繋がる機体で、頭部の形状がこれまでのザクやグフと異なり”凸型”になっており、この時点で既にドムを伺わせる。

また、グフの特徴である両腕の固定武装もなくなり、通常のマニピュレーターになっている。

この機体は高速移動を課題として開発され、新型推進機構を搭載しランドセルのスラスター強化や、脚部に推進エンジンを搭載している。

また、新たな格闘用武装である「ヒートサーベル」のテスト機でもあるため、ドム開発用の機体といえる。頭部や武装はドム、シールドはグフなど、機体の各所にグフとドムが混合しているのが伺える。

なお、ヒートサーベルはこの段階で完成していたようである。

グフC5型は北アメリカでテストが行われ、製造されたのはたった『1機』のみであり、実戦に投入された記録はない。

プラモデル情報

グフ試作実験機は、1983年~1985年にかけて展開されたMSVシリーズからは発売されていない。

機体スペック

  • 名称:グフ試作実験機
  • 型式:MS-07C-5
  • 頭頂高:18.7m
  • 本体重量:57.4t
  • 装甲材質:超硬スチール合金

武装

  • ヒート・サーベル
  • シールド

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!