【プロトタイプグフ】白兵戦用に新規開発されたグフの試作機 YMS-07を解説!

540view

プロトタイプグフ

生産型グフ開発の過程で製造された機体

YMS-07の型式を持つプロトタイプグフは、地球での陸上戦闘を有利にするために開発された。

既にザクⅡF型を陸戦用に改修したJ型が開発されていたが、地球上での戦いにおいて更に陸戦用に特化した”白兵戦”を行える機体が必要となった。

その実現には、ザクの改修だけでは難しいと判断され、新規の陸戦用MSの開発が計画された。

最終的に生産型として開発されたのが「MS-07Bグフ」であり、グフの開発の過程で作られたのが「プロトタイプグフ」である。

ラジエーター能力を向上し、格闘用補助バーニアが脚部に装備されている。軽量化も徹底されており、プロトタイプの段階でザクⅡJ型の機動性を既に上回っていた。

武装面ではグフの特徴である「ヒートロッドやフィンガーバルカン」は、まだ装備されていない。(この2つの武装は試作3号機から装備された)

また、生産型のMS-07Bが登場する前に製造された、先行量産型であるMS-07Aはプロトタイプグフに近く、ヒートロッドやフィンガーバルカンを装備していない。

なお、MS-07Aは全32機が生産されたとされる。

プラモデル情報

プロトタイプグフは、1983年から1985年にかけて展開された「MSVシリーズ」では発売されていない。

機体スペック

  • 名称:プロトタイプグフ
  • 型式:YMS-07
  • 頭頂高:17.7m
  • 本体重量:55.7t

武装

  • ヒート・ホーク
  • ザク・マシンガン

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!