【ガンタンクⅡ】出番がないまま一年戦争終戦を迎えた RMV-1を解説!

1057view

ガンタンクⅡ


(出典 img5.futabalog.com)

超攻撃型戦闘車両系MS

地球連邦軍が一年戦争時に開発した長距離支援型MS、ガンタンク(型式:RX-75)の後継機にあたるが、ガンタンクⅡ(型式:RMV-1)である。

ガンタンクⅡは、外観こそガンタンクのベースとなったAFV(装甲戦闘車量)に先祖返りしているが、武装に「120mmキャノン砲×2、4連装180mmロケットランチャー、3連装ミサイルランチャー」などを備えた超攻撃型仕様となった。

また、乗員が3名(上部1名、下部2名)になっている点や、スモークディスチャージャーを備えている点などでもAFVの意匠が見受けられる。

なお、ガンタンクに搭載されていた「コア・ブロック・システム」も本機では除外されている。

ホワイトベース隊に配備されたガンタンクの活躍が認められて開発がスタートしたガンタンクⅡであったが、本格的な量産化が始まったのは既に一年戦争末期頃であった。

ガンタンクⅡは「全6機」が製造され、北アメリカと中央アジアに配備されたが、既に戦場の舞台は地上から宇宙へと移行しており、結局実戦に出る機会がないまま戦争は終戦となった。

プラモデル情報

ガンタンクⅡ(RMV-1)のプラモデルは1983年から1985年にかけて展開されたMSVシリーズからは発売されていない。

機体スペック

  • 名称:ガンタンクⅡ
  • 型式:RMV-1
  • 頭頂高:15.2m
  • 本体重量:98.4t
  • 出力:221kW
  • 装甲材質:チタン系合金

武装

  • 車輛部機関砲
  • 両距離キャノン砲×2
  • 3連装ミサイルランチャー
  • 4連装ロケットランチャー

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!