【ジョニー・ライデン専用】高機動型ゲルググ MS-14Bを解説!

681view

エースパイロット”真紅の稲妻”専用高機動型ゲルググ

増速用バックパックを装備した高機動型

ジオン公国軍の集大成として一年戦争末期に開発されたゲルググ(MS-14A)。

その通称A型と呼ばれるゲルググに”廃止”となったバックパック(増速用ブースター)を装着させ、高機動型にした機体が高機動型ゲルググである。(通称B型と呼ぶ)

このゲルググB型の1号機を受領したのが、キマイラ隊に所属する”真紅の稲妻”ジョニー・ライデン少佐である。(その他11人のエースパイロットにも渡っている)

増速用ブースターはA型の”オプション”のようなもので、B型のブースターを外すとA型と同様の運用が可能であり、逆にA型にB型のブースターを装着することも容易であった。

キマイラ隊とは?

キマイラ隊はジオン公国突撃機動軍所属で、各部隊のエース級のパイロットを集めて編成された精鋭部隊。

一年戦争末期に編成された部隊のため活動期間は短かったが、その中でも特に活躍したのがジョニーライデン少佐である。

なお、キマイラ隊に所属するエースパイロットは全31名。

プラモデル情報

ジョニー・ライデン専用高機動型ゲルググのプラモデルは1984年(昭和59年)9月にMSVシリーズから「MS-14B J.ライデン少佐用ゲルググ」の名称で発売されている。1/144スケールで価格は800円。

パッケージのイラストは石橋謙一氏が描いている。

機体スペック

  • 名称:高機動型ゲルググ(ジョニー・ライデン専用)
  • 型式:MS-14B
  • 頭頂高:19.2m
  • 本体重量:53.5t
  • 全備重量:76.8t
  • 出力:1.440kW
  • 推力:79.900kg
  • センサー有効範囲:6.300m
  • 装甲材質:超硬スチール合金

武装

  • ビーム・ナギナタ
  • ロケット・ランチャー
  • ジャイアント・バズ

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!