- 総投票数4000票突破! -

あなたの好きなガンダム作品は?

『ジオン軍の潜水艦隊』準備とその背景にある戦略的意図を探る

41view

2024.06.19

目次

ジオンの潜水艦隊に関心を持っている方にとって、その準備と背景には興味深い点が多い。なぜ宇宙世紀のジオン公国が、海のないスペースコロニー国家でありながら、潜水艦隊を準備し、実戦に投入することができたのか。

その理由は、地球の海洋での優位性確保と、地球連邦軍の拠点攻撃という戦略的意図にあった。さらに、潜水艦の技術や運用方法を連邦海軍から取得し、核抑止力としての役割も視野に入れていた。

本記事では、ジオン潜水艦隊の準備と背景、そしてその戦略的意図について詳しく解説する。

■ポイント!

  1. ジオンが潜水艦隊を準備した理由とその背景
  2. ジオンが水中戦対応兵器を開発した経緯と計画
  3. 連邦海軍内通者の存在とジオン軍の技術取得の過程
  4. ジオンの核抑止力戦略と南極条約の影響

ジオン軍による潜水艦隊の準備と背景

  • ジオンが潜水艦隊を準備した理由
  • 水中戦対応兵器の開発計画
  • コロニー環境での試験と困難

ジオンが潜水艦隊を準備した理由

ジオンが潜水艦隊を準備した理由は、地球の海洋で優位に立つためである。地球の表面の約7割が海で覆われており、そこを制することが戦略的に重要であったからだ。

具体的には、地球連邦軍の重要拠点であるジャブローを攻撃するために潜水艦隊が必要だった。

また、開戦前のジオンは、地球連邦の海軍を内部から調べ、潜水艦の運用方法や技術を取得していた。これにより、ジオンは潜水艦や水中戦対応兵器の開発を進めることができたのである。

さらに、核抑止力として潜水艦に核兵器を搭載し、潜航させる計画もあった。この戦略は南極条約の締結により核兵器の使用が禁止されるまで考えられていた。

潜水艦隊の準備には多くの時間と資源が費やされたが、それは戦略的に重要な意図があったためである。このような背景から、ジオンは潜水艦隊の準備を行ったのだ。

水中戦対応兵器の開発計画

水中戦対応兵器の開発計画は、ジオンが地球連邦軍との戦いで海洋の優位性を確保するために始められた。この計画は、宇宙世紀0078年11月、つまり一年戦争の開戦前から進められていた。

最初の本格的な水陸両用モビルスーツ(MS)である「ゴッグ」の開発は、この時期に始まっている。

ゴッグの開発は、ザク・マリンタイプという試験機を元にツィマット社が行った。ツィマット社は水中実験機を制作し、それを改良することでゴッグを完成させた。このことから、開発計画はかなり前から進められていたことがわかる。

さらに、ジオンは潜水艦「ユーコン」や「マッド・アングラー」を運用する計画も進めていた。これらの潜水艦は、連邦軍の潜水艦を接収し、改造してMSを搭載できるようにしたものである。

こうした一連の計画は、ジオンが水中戦に対応した兵器を開発するために、入念に準備を進めていた証拠である。

コロニー環境での試験と困難

コロニー環境で水中戦対応兵器の試験を行うことは非常に困難であった。ジオンが存在するスペースコロニーは、直径6.5km、長さ30kmから40km程度の円筒型であり、広大な海のような環境を持たない。

したがって、水中速力30ノット(時速55.6km/h)のモビルアーマー「グラブロ」のような高速で移動する兵器を試験するのは難しかった。

コロニー内にはレジャーコロニーという水で満たされた区画も存在していたが、その大きさではグラブロのような兵器の試験には不十分であった。

例えば、グラブロが最大速力で旋回すると、コロニーの壁に衝突する可能性があった。そのため、実際の水中環境での試験はほとんどできなかった。

このような困難を克服するために、ジオンはシミュレーターや水中実験艦を使用して兵器の試験を行った。また、連邦海軍から技術や情報を入手することで、より現実的なデータを収集する努力もしていた。

コロニー環境での試験は多くの制約があったが、それを補うための工夫が重ねられたのである。

ジオン軍による潜水艦隊の実戦投入とその意図

  • ジオンの潜水艦「ユーコン」と「マッド・アングラー」
  • 連邦海軍内通者の存在
  • ジオンの核抑止力と南極条約の影響

ジオンの潜水艦「ユーコン」と「マッド・アングラー」

ジオン軍の潜水艦には、「ユーコン」と「マッド・アングラー」がある。これらの潜水艦は、水中戦に特化した兵器を運用するために必要不可欠な存在である。

まず、ユーコンは主に輸送や偵察任務に用いられ、その頑丈な構造と優れた潜航性能で知られている。一方、マッド・アングラーは攻撃力に優れ、大型の水陸両用モビルスーツ(MS)を搭載できる能力を持っている。

これらの潜水艦は、地球連邦軍から接収して改造されたものである。そのため、ジオン軍は独自に潜水艦を設計・製造する必要がなかった。改造の際には、MSを搭載するためのスペースや射出口が追加され、ジオン軍の戦術に適したものとなった。

具体的には、マッド・アングラーはズゴックやゴッグといった水陸両用MSを効率的に運用できるように設計されており、これによりジオン軍は地球連邦軍に対して効果的な水中戦を仕掛けることが可能になった。

このようにして、ジオン軍は短期間で水中戦力を強化し、地球上での戦いを優位に進めることができたのである。

連邦海軍内通者の存在

ジオン軍が迅速に潜水艦隊を運用できた背景には、連邦海軍内通者の存在があったとされる。連邦海軍の内通者から得た情報と技術は、ジオン軍の兵器開発に大いに役立った。

これにより、ジオンは潜水艦の改造計画や運用方法をスムーズに進めることができたのである。

内通者は、連邦海軍の潜水艦運用に関するデータや技術をジオンに提供した。これにより、ジオン軍は潜水艦の構造や性能を理解し、自らの戦術に応じた改造を行うことが可能となった。

さらに、潜水艦の操縦技術やメンテナンス方法についても情報を得ていたため、ジオン軍は短期間で潜水艦隊を実戦投入することができた。

具体的には、連邦海軍の潜水艦がコロニー落下後の津波を避けて残存し、それをジオン軍が接収して改造した事例がある。

これらの改造された潜水艦は、ジオンの水陸両用MSを搭載し、連邦軍に対して強力な水中戦力を展開するために使われた。このようにして、内通者の存在はジオン軍の潜水艦隊運用において重要な役割を果たした。

ジオンの核抑止力と南極条約の影響

ジオン軍が水陸両用MSや潜水艦を開発した背景には、核抑止力の獲得という目的があった。ジオン軍は地球連邦に対して、潜水艦や水陸両用MSに核兵器を搭載し、海中からの核攻撃を行うことで抑止力を高めようと考えていた。

これは、ジオンが地球連邦軍よりも人口で劣っているため、全面戦争での不利を補うための戦略であった。

しかし、南極条約の締結により、核兵器の使用が禁止された。これにより、ジオン軍の核抑止力戦略は大きく影響を受けた。核兵器を使えなくなったジオン軍は、新たな戦略として「制海権の奪取」や「ジャブロー攻略兵器」の開発にシフトしたのである。

具体的には、南極条約の影響で核攻撃の威嚇ができなくなったため、ジオン軍は水陸両用MSを用いた地球連邦軍の拠点攻撃や海上戦力の無力化に注力した。

これにより、ジオン軍は地球上での戦術を柔軟に変更し、核兵器に依存しない新たな戦略を展開することが求められたのである。

まとめ:ジオン軍の潜水艦隊について

以下にポイントをまとめる。

  • ジオンが潜水艦隊を準備した理由は地球の海洋で優位に立つためである
  • 地球の表面の約7割が海で覆われているため戦略的に重要であった
  • 地球連邦軍の重要拠点ジャブローを攻撃するために潜水艦隊が必要であった
  • ジオンは開戦前に地球連邦の海軍を内部から調べていた
  • 潜水艦の運用方法や技術を取得していた
  • 潜水艦に核兵器を搭載し潜航させる計画があった
  • 南極条約の締結により核兵器の使用が禁止された
  • 核兵器の使用禁止により戦略を変更した
  • 水中戦対応兵器の開発は一年戦争の開戦前から始まっていた
  • ゴッグは最初の本格的な水陸両用MSである
  • ゴッグの開発はザク・マリンタイプを元にツィマット社が行った
  • 潜水艦「ユーコン」と「マッド・アングラー」は連邦軍の潜水艦を接収して改造したものである
  • コロニー環境では水中戦対応兵器の試験が困難であった
  • シミュレーターや水中実験艦を使用して試験を行った
  • 連邦海軍から技術や情報を入手していた

今のあなたにオススメの記事

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連記事

掲載中の記事を見る

error: Content is protected !!