- 総投票数4000票突破! -

あなたの好きなガンダム作品は?

【アムロ専用・ディジェ】の特徴を解説!モノアイからガンダム顔への進化

37view

2024.05.06

目次

アムロ・レイ専用ディジェの最新フィギュアが、ガンダムファンの間で大きな注目を集めている。

このフィギュアは「機動戦士Zガンダム」に登場するアムロのモビルスーツをベースに、現代のデザイン感覚で再解釈されたものだ。

従来のモノアイデザインから、象徴的な「ガンダム顔」のツインカメラアイへと進化し、オフホワイトと赤のカラーリングで新たな魅力を放っている。

本記事ではアムロ専用ディジェの独特な特徴、デザインの変遷、そしてこれを手に入れるための予約情報について詳しく解説していく。

アムロファンであれば、見逃せないこのコレクターズアイテムの魅力に迫っていこう。

■ポイント!

  1. アムロ専用ディジェの色合いとデザインの変更点
  2. ガンダム顔のツインカメラアイの特徴と意義
  3. フィギュアのカスタマイズオプション(頭部と装備)
  4. フィギュアの予約方法と入手情報

アムロ専用 ディジェの最新フィギュアを解析

  • ディジェとアムロ専用ディジェの違い
  • ガンダム顔のツインカメラアイとは
  • カラーリングとデザインの特徴

ディジェとアムロ専用ディジェの違い

「機動戦士Zガンダム」に登場したディジェと、アムロ専用ディジェにはいくつかの重要な違いが存在する。

まず、色合いに関しては「Z」のディジェがグリーン系のカラーリングであったのに対し、アムロ専用ディジェはオフホワイトと赤を基調にしている。

次にデザイン面では、元々はモノアイタイプであった「Z」のディジェに対して、アムロ専用ディジェには「ガンダム顔」のツインカメラアイが特徴として加えられている。

さらに、アムロ専用ディジェは背中に放熱フィンを装備しており、ビーム・ナギナタといったゲルググ系の武装も持つ。

これらの変更点はアムロのパーソナルな特徴を反映しており、そのMSの独自性を際立たせている。

ガンダム顔のツインカメラアイとは

ガンダム顔のツインカメラアイは、ガンダムシリーズ特有の顔デザインを採用したヘッド部である。

このデザインは通常のモノアイではなく、ガンダムの顔を模したツインカメラアイを特徴としている。

これは視認性が高く表情が豊かに見えることから、ファンには非常に人気がある。

アムロ専用ディジェでは、このツインカメラアイが標準装備として用意されており、従来のディジェとは一線を画す外観を持つ。

このツインカメラアイにより機体の識別性が高まるとともに、アムロというキャラクターの特性を象徴するデザインとなっている。

カラーリングとデザインの特徴

アムロ・レイ専用ディジェのフィギュアは、オフホワイトと赤を基調としたカラーリングで独特の魅力を放っている。

この色合いは彼が搭乗するゼータプラスA1型にも見られるデモンストレーションカラーであるため、アムロ・レイが使用する他のモビルスーツとの一貫性が保たれている。

デザイン面ではモノアイとは異なり、ガンダム顔のツインカメラアイが特徴的である。

このツインカメラアイはガンダムシリーズの象徴的な要素であり、アムロ専用機としての特別感を強調している。

また、背中には羽根のような放熱フィンが付いており、これはリック・ディアスを基に開発された設計から来ている。

放熱フィンは機体の熱を効率的に逃がすために重要であり、デザインと機能の両方を兼ね備えている。

フィギュアの体にはアムロのパーソナルマークや所属名がマーキングされており、ファンにとっては見逃せないディテールだろう。

これらの特徴が合わさることで、アムロ・レイ専用ディジェはただのアクションフィギュアではなく、コレクターズアイテムとしての価値も高まっている。

アムロ専用 ディジェの詳細と注目ポイント

  • 2つの頭部とカスタム可能な装備
  • モノアイとガンダム顔の意味するところ
  • 高機動戦用装備と通常装備の違い
  • 予約情報とフィギュアの入手方法

2つの頭部とカスタム可能な装備

アムロ専用ディジェのフィギュアは2つの異なる頭部を持ち、それぞれがカスタマイズを可能にする。

主に一つはモノアイを特徴とする伝統的なヘッドデザインであり、もう一つはツインカメラアイを備えた「ガンダム顔」のヘッドデザインである。

これにより、ユーザーは展示時のバリエーションを増やすことができ、より個人的な好みに合わせたディスプレイが実現可能となる。

装備に関しても通常の戦闘装備と高機動戦用装備の二種類が提供され、各々が異なる戦闘シーンの再現をサポートしている。

これらのオプションはフィギュアの魅力を一層引き立て、コレクターにとってはさらなる価値を加える要素である。

モノアイとガンダム顔の意味するところ

アムロ専用ディジェのフィギュアには、モノアイとガンダム顔という二つの頭部が存在する。

モノアイは一つの大きな眼を持つデザインで、主にザクやゲルググといったジオン公国のモビルスーツに見られる特徴である。

これに対し、ガンダム顔は連邦軍のモビルスーツに見られる、より人間に近い表情を模したツインカメラアイを持つデザインを指す。

これらのデザインはアムロがどのような敵とも対峙できるシンボルとして、また彼の機動性と技術の進化を象徴するものとして、ファンにとって特別な意味を持っているのだ。

高機動戦用装備と通常装備の違い

高機動戦用装備はリック・ディアスを基に設計されたバックパックにブースター・バインダーを左右1基ずつ備えている。

これにより、機動性が大幅に向上しており、急速な移動や複雑な戦闘操作が可能である。

一方、通常装備は基本的な放熱フィンを備えた状態であり、標準的な戦闘状況での使用に適している。

このため、用途に応じて装備の交換が行われる。

しかし、高機動戦用装備は追加の機器が多いため、重量が増加しやすいというデメリットがある。

なお、両装備間の主な違いは機動性と安定性のバランスにある。

予約情報とフィギュアの入手方法

アムロ専用ディジェのフィギュアはバンダイナムコグループの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で予約を受け付けているぞ。

価格は1万5950円であり、2024年9月に発送予定。

このフィギュアは人気が高いため、予約開始直後から注文が殺到することが予想される。

そのため、購入を希望する場合は早めの予約が推奨される。

また、このフィギュアの入手方法は他の販売チャンネルではまだ公表されていないため、公式サイトを定期的にチェックすることが重要だ。

公式予約販売ページ➡ROBOT魂 (Ka signature) <SIDE MS> アムロ・レイ専用ディジェ

項目 詳細
登場作品 機動戦士Zガンダム
主な商品内容 ・本体
  ・交換用手首左右各4種
  ・交換用頭部
  ・交換用バインダー左右
  ・ハイパー・メガ・ランチャー
  ・クレイ・バズーカ×2
  ・ビーム・ライフル×2
  ・ビーム・ナギナタエフェクト×2
  ・ビーム・ナギナタ柄×2
  ・ビーム・ライフルパック×2
  ・ジョイント一式
  ・台座一式
商品素材 ABS、PVC製
商品サイズ 全高:約130mm
対象年齢 15歳~

まとめ:ガンダム顔へ進化した、アムロ専用ディジェ!

内容のポイントをまとめる。

  • 「Z」のディジェとアムロ専用ディジェは色合いが異なる
  • アムロ専用ディジェはガンダム顔のツインカメラアイを特徴とする
  • 「Z」のディジェに対し、アムロ専用ディジェは顔デザインが異なる
  • アムロ専用ディジェには背中に放熱フィンが装備されている
  • ビーム・ナギナタなどゲルググ系の武装も特徴の一つ
  • アムロのパーソナリティを反映したカスタマイズが施されている
  • アムロ専用ディジェはコレクターズアイテムとしての価値が高い
  • フィギュアには2つの頭部があり、展示のカスタマイズが可能
  • モノアイとガンダム顔の頭部を差し替えることができる
  • 通常装備と高機動戦用装備の二種類が提供されている
  • 高機動戦用装備はリック・ディアスを基に設計されたバックパックを含む
  • アムロ専用ディジェはプレミアムバンダイで予約可能
  • 価格は1万5950円で、2024年9月に発送予定
  • 予約開始直後から注文が殺到することが予想される
  • 他の販売チャンネルでは入手情報がまだ公表されていない
  • フィギュアの魅力を引き立てるオプションが豊富に用意されている

今のあなたにオススメの記事

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連記事

掲載中の記事を見る

error: Content is protected !!