【ガッシャ】驚異の飛距離!山越えハンマーを備える MS-13を解説!

1576view

ガッシャ


(出典 gunpla-beginning.com)

突撃型宇宙戦闘用モビルスーツ

MS-13ガッシャは、ジオン公国軍の「ペズン計画」で誕生した宇宙戦闘用突撃型モビルスーツ。

外観や、手がクロータイプになっていることから、一見水陸両用の機体かと思われるが宇宙戦闘用であり、リック・ドムとの連携を想定して開発された機体である。

ガッシャのコクピットは、ギガンのようにパイロット2名で操縦する複座式となっている。ギガンの場合は「操縦士・砲撃手」と役割が分かれているが、ガッシャでの役割分担は不明である。

また、ハンマー・ガンという特殊な武装を備えており、別名”山越えハンマー”と呼ばれている。月面で使用すると「山を飛び越える程の飛距離が出る」ためこの別名が付けられている。

RX-78-2ガンダムが使う”ガンダム・ハンマー”と似たような武器であるとされているが、詳細は不明である。

ジオン公国内でのガッシャの評価は低く、”ズゴックを宇宙用にした程度の機体”とされ、試作機が製作されたのみで量産されることはなく、一年戦争は終結を迎えている。

なお、ズゴックの前腕部のクローは「アイアン・ネイル」と呼ばれるが、ガッシャのクローは「コンバット・ネイル」と呼ばれる。

フィギュア情報

ガッシャはMSVではなく、MS-Xから誕生したモビルスーツである。

機体スペック

  • 名称:ガッシャ
  • 型式:MS-13
  • 頭頂高:15.1m
  • 本体重量:89.7t
  • 全備重量:116.5t
  • 出力:1.076kW
  • 推力:42.900kg

武装

  • アイアン・ネイル×2
  • 4連装ミサイル・ポッド
  • ハンマー・ガン(山越えハンマー)

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!