- 総投票数4000票突破! -

あなたの好きなガンダム作品は?

【ゲルググの系譜】ゲルググ進化と種類一覧:ジオンの主力MSを徹底解説!

732view

2023.10.05

目次

ジオン公国軍の主力モビルスーツとして名高い「ゲルググ」。その名は一年戦争の終盤に響き渡り、多くのパイロットたちに恐れられた存在であった。この記事では、ゲルググの系譜とその多彩な種類を深堀りしていこうと思う。

ゲルググは、ジオン公国軍が完成させた最後の量産主力モビルスーツとして、ビーム兵器の搭載に成功した初の機体(※ジオンでは)として知られている。

その性能は、連邦軍の伝説のモビルスーツ「ガンダム」すらも凌駕しており、もしゲルググの量産がわずか1ヶ月でも早ければ、一年戦争の戦局は大きく変わっていたかもしれない。

本記事ではゲルググの歴史、その派生型、そしてジオンのエースパイロットたちとの関わりを、ゲルググの系譜と種類を中心に詳しく解説していく。

■記事のポイント

  1. ゲルググの基本的な性能と特徴
  2. ゲルググの主な派生型やバリエーション
  3. ジオン公国軍のエースパイロットや特定のパイロットが使用したゲルググの専用機
  4. ゲルググの武器や装備の詳細とその進化

ゲルググの主要な種類と特徴

ガンダムシリーズに登場するモビルスーツ、ゲルググ。ファンでなくてもその名前を一度は聞いたことがある方も多いのではないだろうか。

ここでは、ゲルググの主要な種類とその特徴について詳しく解説していく。

  • MS-14 ゲルググの基本情報
  • MS-14B 高機動型ゲルググの詳細
  • MS-14C ゲルググキャノンの特色
  • MS-14S 先行量産型ゲルググの概要
  • MS-14JG ゲルググJ(イェーガー)の特徴
  • MS-14F ゲルググM(マリーネ)
  • MS-14Fs ゲルググM シーマ・ガラハウ専用機
  • MS-14J リゲルグの詳細
  • ゲルググの歴史と進化
  • ゲルググシリーズの比較と違い
  • ゲルググの使用シーンと実績
  • ゲルググの技術的背景と開発

MS-14 ゲルググの基本情報

ゲルググの基本モデルであるMS-14。これを知らなければ、ゲルググの魅力は半分以下になってしまうだろう。

MS-14は主に、均整の取れた美しいデザインと、高い汎用性が評価されている。しかし、他のモデルと比較すると特別な機能や装備は少なめとなっている。

MS-14B 高機動型ゲルググの詳細

一方、MS-14Bは「高機動型」と名付けられており、その名の通り、機動性に特化している。このモデルは、敵の攻撃を巧みにかわしながら、迅速に反撃することが可能だ。

ただ、その高い機動性のため、燃料消費が激しいというデメリットもある。このため、短時間の戦闘には強いのだが、長期戦には不向きと言えるだろう。

MS-14C ゲルググキャノンの特色

MS-14C、通称「ゲルググキャノン」。このモデルの最大の特徴は、強力なキャノン砲を装備している点である。このキャノン砲一発で、多くの敵を撃退することが可能となっている。

しかし、その反面、リロード時間が長いというデメリットも。また、キャノン砲の重さのため、他のゲルググシリーズに比べると機動性が若干劣る点も注意が必要な機体であった。

YMS-14 先行量産型ゲルググの概要

YMS-14は「先行量産型」として知られるモデルである。このモデルは、量産前のテスト段階での性能を確認するために製造された機体だ。

そのため、特定の機能や装備に特化しているわけではないのだが、基本性能は非常に高いものを持っている。ただし、生産コストが高いため、大量生産は見送られる事となった。

MS-14JG ゲルググJ(イェーガー)の特徴

MS-14JG、通称「ゲルググJ(イェーガー)」。このモデルは、狙撃戦を得意とするモデルとして設計された機体である。

そのため、長距離狙撃用の光学機器や、高精度の射撃をサポートする機能が豊富に搭載されているのが特徴的だ。しかし、接近戦には不向きであり、護衛などのサポートが必要となる場面が多く見られた。

MS-14F ゲルググM(マリーネ)

MS-14Fは「ゲルググM(マリーネ)」として知られるモデルだ。

このモデルは、水中戦を得意とする特殊なモデルとなっており、水中での機動性や、水圧に耐える強度を持つ装甲など、水中戦に特化した設計が施されている。その反面、陸上での戦闘は不得手となっており、その点を考慮する必要がある機体だ。

MS-14Fs ゲルググM シーマ・ガラハウ専用機

MS-14Fs、これは「ゲルググM シーマ・ガラハウ専用機」として特別に製造されたモデルである。

「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」に登場した、デラーズ・フリート所属の「シーマ・ガラハウ」という女性パイロットのために特別にカスタマイズされている。

その性能や装備は一級品であるが、このモデルを操るには、シーマ・ガラハウのような高い技量が必要とされる。

ゲルググ系列のその他の種類

ゲルググには、上記の主要なモデル以外にもさまざまなバリエーションが存在している。

ここでは、その中でも特に注目すべきモデルや、ゲルググの歴史、技術的背景などについて詳しく解説していく。

MS-14J リゲルグの詳細

MS-14Jは「リゲルグ」として知られるモデルである。このモデルは、ゲルググシリーズの中でも特に新しい技術や機能が取り入れられている。そのため、性能や装備が非常に高く、多くのパイロットから高い評価を受けている。

しかし、新しい技術を多く取り入れているため、整備や修理には専門的な知識が必要となり、整備士や技術者からは、取り扱いが難しいという声も上がっていたと言われている。

ゲルググの歴史と進化

ゲルググはモビルスーツとしての歴史が非常に古い機体の一つだ。初期のモデルから現在に至るまで、数多くのバリエーションが生まれてきた。

その中で、技術の進化や戦術の変化に応じて様々な改良が施されてきたのだ。例えば、初期のモデルは、機動性や装甲に問題が多かったため、後続のモデルではこれらの問題点が改善されている。

また、特定の戦術や戦場環境に特化したモデルも多数存在している。

ゲルググシリーズの比較と違い

ゲルググシリーズには、多くのバリエーションが存在しているが、これらのモデルは、外見や装備、性能などに大きな違いがある。

たとえ、同じゲルググシリーズであっても、その用途や特性は大きく異なることが多い。このような違いを理解することで、各モデルの特性や強みをより深く理解することができるだろう。

ゲルググの使用シーンと実績

ゲルググは、多くの戦場で活躍してきたモビルスーツであり、その実績は他のモビルスーツと比較しても非常に高いと言えるだろう。

特に「一対一」の戦闘では、その高い性能と機動性を活かして、多くの敵機を撃退してきた。しかし、大規模な戦闘や複数の敵との戦闘では、サポートが必要となる場面もあった。

ゲルググの技術的背景と開発

ゲルググの開発は高い技術力を持つ技術者たちによって行われている。そのため、最新の技術や素材が多く取り入れられているのだ。

このような技術的背景のもと、ゲルググは他のモビルスーツと比較しても非常に高い性能を持っている。ただ、その反面、開発コストや生産コストは高く、大量生産が難しいという問題も抱えていた。

まとめ:ゲルググの種類と進化の系譜

以下に記事のポイントをまとめる。

  1. ゲルググはジオン公国軍の大戦末期に完成した最後の量産主力モビルスーツである
  2. 初のビーム兵器を装備したモビルスーツとして知られる
  3. MS-14 ゲルググは一年戦争時、最も高性能な量産 MS である
  4. MS-14B 高機動型ゲルググはランドセルを装備した高機動タイプ
  5. MS-14C ゲルググキャノンは砲撃仕様に特化したモデル
  6. MS-14S 先行量産型ゲルググは量産型に先駆けて生産されたモデル
  7. ゲルググ J(イェーガー)は精密射撃任務に特化したモデル
  8. リゲルグはアクシズのネオ・ジオン軍がゲルググをベースに近代的改修を施した機体
  9. RF ゲルググは宇宙世紀 0120 年代のオールズモビルが開発した機体
  10. ゲルググシールドは背中に背負う楕円型の大型シールドで、耐ビームコーティングが施されている
  11. ゲルググはビームライフルやビームナギナタといった新しい武器で装備されている

今のあなたにオススメの記事

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連記事

掲載中の記事を見る

error: Content is protected !!