【機動戦士ガンダム外伝Ⅰ 戦慄のブルー】ガンダムゲーム史上初となる「外伝作品」がセガサターンで登場!

653view

2019.06.19

機動戦士ガンダム外伝Ⅰ 戦慄のブルー


(出典 retro-ing.com)

1996年9月20日にバンダイから発売されたセガサターン用シューティングゲーム「機動戦士ガンダム外伝Ⅰ 戦慄のブルー」。

本作は”もう一つの”一年戦争を舞台として描いている「オリジナルストーリー」作品である。テレビアニメシリーズを題材にしていない完全なる外伝作品のゲーム化は本作が初となる。

この外伝シリーズは全3部作で構成されており、本作はその第1作目となる。

主人公は地球連邦軍のモビルスーツパイロット”ユウ・カジマ”少尉で、彼がMS戦闘の実戦データ収集のためにジオン基地に出撃するところからストーリーが始まっていく。

ゲームシステムは3D視点のアクションシューティング。モビルスーツは全て”ポリゴン”で描かれており、臨場感のある戦闘が楽しめる。また、ジム・コマンド、ハイゴック、ギャロップ、ド・ダイといったレアな機体も登場している。

なお、タイトルの”ブルー”とはブルーディスティニーと呼ばれる機体のことで、本作ではミッション2にて敵として登場する。ミッションは全5つが用意されており、それぞれミッションによってクリア条件が異なる。

また、ステージ構成もミッションによって「敵基地、砂漠、コンビナート」など多彩である。

彼はジムを駆り、果てしない戦場へと向かっていった―

セガサターンが可能にした迫力の3Dアクション、ゲームとは思えぬドラマティックなシナリオ展開、それらが君を、一年戦争という戦場へ誘う!(出典 メーカーより)

裏技

☆ステージセレクト☆

裏技と呼べるものではないが、ゲームを一度『全面クリア』すると、メニュー画面に『ステージセレクト』が表示されるので、好きなミッションからゲームを開始出来るようになる。

なお、ゲーム難易度はどれでも可能。

プレイ参考動画

(出典 YouTube)

ゲームデータ

  • タイトル:機動戦士ガンダム外伝Ⅰ 戦慄のブルー
  • 対応ハード:セガサターン
  • 発売日:1996年9月20日
  • メーカー:BANDAI
  • ジャンル:シューティング
  • 価格:4,800円

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!