- 総投票数4000票突破! -

あなたの好きなガンダム作品は?

【アナハイム・エレクトロニクス】家電メーカーから宇宙世紀の権力者へ成長した大企業

151view

2023.09.02

目次

家電メーカーから宇宙の大企業へ成長したアナハイム社

アナハイム・エレクトロニクス(以下、AE)は、ガンダムシリーズの宇宙世紀作品において、多くの勢力にモビルスーツ(MS)を供給することで知られている。

この企業は敵味方を問わずに商売を展開するため「死の商人」とも称されている。

企業の成長と変遷

AEは元々、北米のアナハイムに本拠地を置く「家電メーカー」だったことはご存じだろうか?

しかし、サイアム・ビストの加入を機に、企業は急速に成長。月面のグラナダに新たな本社を設立し、多角的なビジネスを展開する巨大企業に変貌を遂げたのだ。

ビジネスの多角化

AEは軍需産業だけでなく、民間向けの工業製品、金融、出版、報道、飲食など、多岐にわたる事業を手がけている。

その影響力は、月を事実上支配するほどにまで拡大していった。

初登場と宇宙世紀への影響

AEがガンダムシリーズに初めて登場したのは、1985年の『機動戦士Zガンダム』だ。

この作品でAEは、反地球連邦組織「エゥーゴ」に資金と装備を提供し、その影響力を如何なく発揮しはじめる。

戦術と戦略:AEの裏側

AEは、しばしばエゥーゴに対して高リスクな作戦を推進している。

その一例が「ガンダムMK-II強奪作戦」であり、この作戦はAEが地球連邦との取引で優位に立つために計画されたもので、仮に失敗した場合でも、AEはその失敗を次の成功につなげる手腕を持っていたのである。

独特の組織体系

AEが多くの勢力に装備を供給できるのは、その独特の組織体系によるものである。

各工場は独立採算制を採っており、他の工場が何をしているのかは明確にはされていない。

これにより、一部の工場が敵勢力に装備を供給しても、企業全体としてはその責任を逃れることができる仕組みだ。

技術への執着

AEは単に利益を追求するだけでなく、技術の革新にも力を入れている。

例えばガンダムMK-IIを強奪した後、その技術を解析して新たなMS、Zガンダムを開発していることがその理由だ。

人材育成と教育機関

『機動戦士ガンダムUC』においては、AEが運営する専門学校が登場しており、企業が人材育成にも力を入れていることが明らかにされている。

衰退とその後

そんなAEだが、宇宙世紀111年になると、AEはサナリィとの競争に敗れ衰退の兆しを見せ始める。

しかし、その後もAEは縮小しながらも生き残り、その影響力は維持しているのだった。

結論:影の権力者アナハイム・エレクトロニクス

アナハイム・エレクトロニクス社は多くの勢力に影響を与えるだけでなく、その組織体系や戦略によって、長い間その地位を保つことに成功している。

その多面的なビジネスと技術力で、宇宙世紀の歴史に名を刻んでいるのだ。

今のあなたにオススメの記事

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連記事

掲載中の記事を見る

error: Content is protected !!