【ザク・デザートタイプ】砂漠戦用に特化した機体 MS-06Dを解説!

913view

ザク・デザートタイプ

砂漠戦用ザク

MS-06D ザク・デザートタイプは前線からの要望に応えて投入された局地戦用機である。
ザクD型と呼ばれる。

ジオンの地球侵攻の際に砂漠での運用を見越し、陸戦用のザクⅡJ型を砂漠戦用として改修が施されている。配置先はアフリカ戦線に絞って運用された。

主な改修内容は機体の軽量化と出力の増加で、砂漠用に冷却装置を大型化し、各部の防塵、シーリング処理に加えて、砂漠での移動力を上げるため補助推進ユニットが装着されている。

頭部には短距離アンテナを2本付けたダブルアンテナタイプと、中央に大型のアンテナを1本付けたシングルアンテナタイプの2タイプが存在している。

開発当初は2タイプが同等数生産されたが、最終的にシングルアンテナタイプに統一されている。

生産数
  • ダブルアンテナタイプ:43機
  • シングルアンテナタイプ:71機



プラモデル初登場

なお「MS-06Dザクデザートタイプ(1/144スケール)」のプラモデルが発売されたのは1983年(昭和58年)5月である。価格は500円。

機体スペック

  • 名称:ザク・デザートタイプ
  • 型式:MS-06D
  • 登頂高:17.5m
  • 重量:61.3t
  • 出力:976kW
  • 推力:42.900kg

武装

  • M120ASマシンガン
  • 頭部バルカン砲×2
  • ラッツリバーP-3連/2連装ミサイルポッド
  • SA-712クラッカーポッド

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!