- ワンクリックアンケート -

あなたの好きなガンダム作品は?

【プロトタイプZガンダム】「百式・ディアス・ネモ」ヘッドの3タイプが開発されたZガンダムの試作機

96view

2021.01.15

プレミアム バンダイ
ヲタ婚

プロトタイプ Zガンダム


(出典:ガンダペディア)

3タイプが製造されたZガンダムの試作機

プロトタイプZガンダムは、アナハイム・エレクトロニクス社が開発した『Zガンダム(型式:MSZ-006)』の試作機である。

この試作機はZガンダムが持つ可変機ではなく、非可変機となっているが、本機の部品がそのままZガンダムに流用されている物もあり、Zガンダム開発の期間短縮にも一役買っている。

プロトタイプZガンダムは以下の3タイプが製造されている。

  • MSZ-006X1(百式型頭部)
  • MSZ-006X2(リック・ディアス型頭部)
  • MSZ-006X3(ネモ型頭部)

この3機は基本性能は同じであり、異なる部分は『頭部』ユニットの形状である。

X1は「百式ヘッド」、X2は「ディアスヘッド」、X3は「ネモヘッド」と呼ばれている。

百式型頭部のX1型が最も有効であるという試験結果により、X1型に基づいてZガンダムが開発されることとなった。

なお、アナハイム・エレクトロニクス社が『ガンダムMk-Ⅱ』を入手した時点で、プロトタイプZガンダムは完成されていたとされる。

機体スペック

  • 名称:プロトタイプZガンダム
  • 型式:MSZ-006X1/X2/X3
  • 頭頂高:19.6m
  • 本体重量:29.9t
  • 出力:1.790kW
  • 推力:99.000kg
  • センサー有効範囲:14.000m
  • 装甲材:ガンダリウム合金

武装

  • ビームサーベル×2
  • ビームライフル

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!