【ジム】一年戦争で地球連邦軍を最も支えた主力モビルスーツ RGM-79を解説!

397view

ジム


(出典 images-na.ssl-images-amazon.com)

地球連邦軍初の本格量産型モビルスーツ

RGM-79ジムは地球連邦軍が初めて本格的に量産を行ったモビルスーツであり、一年戦争において連邦軍を最も支えた主力機でもある。

機体のベースとなっているのはRX-78ガンダムであり、収集したガンダムの実戦データに基づいて設計されている。

初のMS量産化に向けてコスト削減も徹底されており、装甲の材質を下げ、標準装備はビームライフルからビームスプレーガンに変更し、ビームサーベルも2本から1本に減らされている。また、ガンダム等に採用されていた「コア・ブロック・システム」も除外となっている。

このように徹底した低コスト化を図ったジムであったが、それでも開戦当初に無敵を誇ったジオン公国軍のMS-06ザクⅡの性能を上回っている。ジムと聞いたら”ヤラレ役”のイメージが強いが、非常に優秀な機体なのである。

しかし、ガンダムと比べると性能面ではかなり劣ることは否めず、一部のエースパイロットたちの要望で、高性能型のジムやエースパイロット専用のカスタム機なども多く開発されている。(ジム・スナイパーカスタムやジム・ライトアーマー等)

その他、パイロット養成用の練習機「ジム・トレーナー」などと言った機体もある。

プラモデル情報

RGM-79ジムのプラモデルは1983年から1985年にかけて展開されたMSVシリーズからは発売されていない。

機体スペック

  • 名称:ジム
  • 型式:RGM-79
  • 頭頂高:18.0m
  • 本体重量:58.8t
  • 出力:1.250kW
  • 推力:55.500kg
  • センサー有効範囲:6.000m
  • 装甲材質:チタン系合金

武装

  • バルカン砲×2
  • ビーム・スプレーガン
  • ビーム・サーベル

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!