【ボール】数で勝負!!キャノン砲を備えた超低コスト支援機 RB-79を解説!

906view

ボール


(出典 www.gundam.info)

キャノン砲で味方を支援した超低コスト支援機

RXシリーズでガンダム、ガンキャノン、ガンタンクの開発に成功した地球連邦軍は、その後ジムの量産化を開始する。

しかし、一年戦争における絶対的な不安要素はモビルスーツの『数』でジオン公国軍に劣っていることであった。

そこで、ジムよりも更に生産性が高く、低コストで製造できる機体として開発されたのが「RB-79ボール」である。(ボールはSP-W03スペース・ポッドと言う”モビルポッド”をベースに開発されている)

機体上部に火器として「キャノン砲」を備えており、後方からの味方機支援用として運用された。マニュピレーターも付いてはいるものの、格闘用武装は装備していないため近接戦闘に持ち込まれたらお終いである。

本来はRGM-79ジムの後方支援として投入されていたが、実際には特攻とも言えるような前線に突入しての戦いが行われていたため、撃墜された数も相当なものであったとされる。

1機1機の戦闘力は低いが、とにかく”数”で勝負した機体であった。

プラモデル情報

RB-79ボールのプラモデルは1983年から1985年にかけて展開されたMSVシリーズからは発売されていない。

機体スペック

  • 名称:ボール
  • 型式:RB-79
  • 頭頂高:12.8m
  • 本体重量:17.2t
  • 出力:400kW

武装

  • キャノン砲

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!