- 総投票数4000票突破! -

あなたの好きなガンダム作品は?

【ガンダム界不屈のヒロイン】セイラ・マスのその後は?

1548view

2023.09.04

目次

ガンダム界のヒロイン:セイラ・マスの魅力とその後

セイラ・マスは、『機動戦士ガンダム』の中で非常に多様な側面を持つキャラクターだ。彼女は美しいだけでなく、リーダーシップと多才なスキルも同時に持ち合わせている。

さらに、彼女はジオンの赤い彗星「シャア・アズナブル」の妹であり、ジオンの出身であり地球連邦軍に所属するという複雑なバックグラウンドを持っている。

この記事ではガンダム界のヒロイン・セイラ・マスの魅力とその後について考察していく。

複雑な家族背景

セイラはジオン・ズム・ダイクンの娘、アルテイシアとして生まれたが、父の突然の死後、ザビ家から逃れるためにマス家に養子として入ることとなる。

その後、兄であるシャア(キャスバル)と共に地球で生活し、最終的には「サイド7」に移住している。

彼女の人生は、17歳にしてすでに多くの波乱を経験しているのだ。

初登場とそのインパクト

セイラは、アニメ「機動戦士ガンダム」の第2話「ガンダム破壊命令」で初めて登場する。

その際、逃げ遅れた人々を探しに行くという行動で、彼女の気の強さが明らかになる。

このエピソードは、彼女が物語において重要な役割を果たすことを早い段階で示していると言っていいだろう。

セイラ・マスの戦場での役割

セイラは、ホワイトベースの通信オペレーターとしても活躍しているが、その他にも多くの貢献をしている。

緊迫した状況での調停者

特にブライトとアムロの関係が険悪になった際は、セイラは緩衝材としてその間に入るなどして間を取り持っている。

彼女がいなければ、当初はまだ未熟だったアムロのストレスは高まり、戦局が不利になる可能性が高かっただろう。

戦闘での活躍

セイラは、マゼラ・アタックを撃破するなど、戦闘面においてもその能力を発揮している。

その一方で、第16話の「セイラ出撃」では、シャアに関する情報を求めて無断でガンダムに乗り込むなど、彼女の直情的な一面も見せている。

エースパイロットへの挑戦

第24話「迫撃! トリプル・ドム」以降、Gファイターのパイロットとしても活躍。

初めは不慣れながらも、次第に撃墜数を増やしており、エースパイロットとしての地位を確立していったのだ。

セイラ・マスのその後と影響

セイラ・マスは、「一年戦争」以降の続編や劇場版でも登場し、その影響を残している。

続編での登場

機動戦士ガンダムの続編、『機動戦士Zガンダム』では、一瞬だけだが登場している。

その後の『機動戦士ガンダムZZ』では、リィナ・アーシタを保護していたことが明らかになった。

※これは余談だが、Zガンダムでセイラの台詞がないのは、収録当時、セイラの声優を務めていた故・井上 瑤(いのうえ よう)が海外旅行に行っており、連絡が付かなかったためである。現在とは違い、携帯電話などはなく連絡を取る手段が無かったのだ。

ファンの熱狂

セイラのファンが最も熱狂したシーンは、機動戦士ガンダム劇場版III「めぐりあい宇宙編」でのシャワーシーンだ。このシーンは当時のファンに大きな衝撃を与えたことだろう。

当時、このシーンを撮影するためにカメラを持ち込んだファンも多かったと言われているほどだ。

ガンダム界のヒロイン・セイラ・マス:まとめ

現在でも新作フィギュアが発売されるなど、セイラ・マスは高い人気を誇っている。彼女の多面性と複雑なバックグラウンドは、多くのファンを引きつけ続けているのだ。

セイラ・マスは、その多才なスキルと複雑な家庭環境、そして美しい外見と内面の強さで、多くの人々を魅了しているのであろう。

彼女は『機動戦士ガンダム』シリーズにおいて、今もなお多くの人々に愛され続けている。

今のあなたにオススメの記事

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連記事

掲載中の記事を見る

error: Content is protected !!