【新スーパーロボット大戦】SDキャラからリアルロボットへ進化!カットイン演出を初めて導入した名作

298view

2019.06.20

新スーパーロボット大戦


(出典 images-na.ssl-images-amazon.com)

1996年12月27日にバンプレストから発売されたプレイステーション用シミュレーションゲーム「新スーパーロボット大戦」。

本作はこれまでのスパロボシリーズと基本システムこそ変わらないが、スパロボの特徴でもあった”SDキャラ”から脱却し”リアルロボット”へとグラフィックを一新。新しい試みをした作品となっている。

単にロボットがリアルになっただけではなく、武器や必殺技などのアニメーションは原作を忠実に再現している。さらに、戦闘時に挿入されるアニメーション「カットイン」という演出システムを導入たのは本作が初となる。

カットインによる演出は当然ガンダムシリーズにも使われており、ファンネルを撃つ際などにはキャラクターの顔がアップでカットイン挿入されるようになっている。

本作はこれまでにないリアルロボットタイプとなり、戦闘シーンの演出や迫力などが格段に上がった一方で、戦闘画面に切り替わるまでのロード時間がストレスを感じるほど長いことが唯一の欠点ともいえる。

Vガンダム&Gガンダム再登場

参戦作品での注目は「VガンダムとGガンダム」が久々に復帰を果たしていること。この2作品の参戦はゲームボーイから発売された「第2次スーパーロボット大戦G」以来となる。

VガンダムとGガンダムはストーリーにも深く関わっており、原作の主要キャラクターとモビルスーツの殆どが登場しているので、この作品のファンには嬉しい限りだ。

また、シャイニングガンダムの必殺技「シャイニングフィンガー」と、ゴッドガンダムの「石破天驚拳」のド迫力のグラフィックは必見である。

ガンダムWが初登場

なお、本作では「新機動戦記ガンダムW」から「ヒイロ・ユイとウイングガンダム」がスパロボ初参戦を果たしているが、仲間に加わるのがストーリー終盤であることから殆ど”ゲスト出演”の形に近い。

裏技

☆ヒイロを仲間にする☆

まず、宇宙編の『29話か32話』にて、ヒイロのウイングガンダムでゼクスのトールギスを倒す。

次に34話で、誰でもいいので『ゼクスに味方を倒させる』。

すると、ヒイロが出現して仲間になる。

☆隠しマップ出現☆

まず、地上編か宇宙編のどちらか一方をクリアして終了データをセーブする。

次にもう一方もクリアし、終了データがあるかの問いに『はい』を選択すると隠しマップをプレイ出来るようになる。

BGM集動画

(出典 YouTube)

ゲームデータ

  • タイトル:新スーパーロボット大戦
  • 対応ハード:PlayStation
  • 発売日:1996年12月27日
  • メーカー:バンプレスト
  • ジャンル:シミュレーション
  • 価格:6,800円

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!