機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争【地球連邦軍MS】一覧

593view

目次

地球連邦軍MS一覧

ここでは「機動戦士ガンダム0080ポケットの中の戦争」で登場する地球連邦軍のモビルスーツを一覧で掲載しています。

RX-77D 量産型ガンキャノン

  • 名称:量産型ガンキャノン
  • 型式:RX-77D
  • サイズ:全高18.1m
  • 重量:51.0t
  • 出力:1,410kw

第4話に登場。
サイクロプス隊のミーシャが操る「ケンプファー」の進行を阻止するために、連邦軍の戦艦グレイファントム(スカーレット隊)から2機投下されたが、ケンプファーに即座に撃墜される。



RX-78NT-1 ガンダムNT-1(アレックス)

  • 名称:ガンダムNT-1
  • 型式:RX-78NT-1
  • サイズ:全高18.0m
  • 重量:40.0t
  • 出力:1,420kw

ニュータイプへと覚醒した「アムロ・レイ」専用機として開発されたガンダム。
コードネームは「アレックス(ALEX)」。

コクピットには、初の「全天周囲モニター・リニアシート」が採用されている。

テストパイロットのクリスチーナ・マッケンジーが搭乗していたが、バーナード・ワイズマンが搭乗するザクⅡ改との戦闘で大破。
結局アレックスがアムロ・レイの元へ届けられることはなかった。

RX-78NT-1FA ガンダムNT-1(チョバム・アーマー装備型)

  • 名称:ガンダムNT-1(チョバム・アーマー装備型)
  • 型式:RX-78NT-1FA
  • 重量:95.0t

ガンダムNT-1に、装甲「チョバム・アーマー」を装備した際は型式が「RX-78NT-1FA」となる。
ミーシャが操るケンプファーの攻撃で、チョバム・アーマーは破壊されたが、機体にダメージは負わなかった。

RGM-79D ジム寒冷地仕様

  • 名称:ジム寒冷地仕様
  • 型式:RGM-79D
  • サイズ:全高18.0m
  • 重量:44.7t
  • 出力:1,250kw

地球の北極基地など、寒冷地に配備された拠点防衛用のジム。

作品では第1話に襲撃してきたサイクロプス隊に応戦すべく多数出撃している。
ほとんどヤラレ役であったが、サイクロプス隊員であるアンディが搭乗するハイゴックを撃墜した。

RGM-79G ジム・コマンド

  • 名称:ジム・コマンド
  • 型式:RGM-79G
  • サイズ:全高18.0m
  • 重量:43.5t
  • 出力:1,330kw

作品の第1話に登場。
サイド6のコロニー内部に侵入してきたジオン軍と応戦。
バーナード・ワイズマンが搭乗するザクⅡ改を撃退したのがこのジムである。

RGM-79GS ジム・コマンド(宇宙戦仕様)

  • 名称:ジム・コマンド宇宙戦仕様
  • 型式:RGM-79GS
  • サイズ:全高18.0m
  • 重量:44.6t
  • 出力:1,390kw

ジム・コマンドRGM-79Gをベースに宇宙用にした機体。
作品では第2話にサイド6周辺宙域での戦闘で登場する。
ジオン軍の「ザクⅡ改、ゲルググイェーガー、リックドムⅡ」と戦闘を繰り広げた。

RGM-79SP ジム・スナイパーII

  • 名称:ジム・スナイパーⅡ
  • 型式:RGM-79SP
  • サイズ:全高18.0m/18.5m
  • 重量:45.0t
  • 出力:1,390kw

連邦軍の戦艦グレイファントムに搭載さていた機体。
「スカーレット隊」と「ディープブルー隊」のどちらに配備されていたかは不明である。
ミーシャが操るケンプファーの迎撃で出撃するが撃墜された。

Blu-ray作品紹介

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!