- 総投票数4000票突破! -

あなたの好きなガンダム作品は?

実は「ア・バオア・クー攻防戦」に参戦していた!?意外なキャラたちを紹介

49view

2024.05.25

目次

一年戦争のクライマックスである「ア・バオア・クー攻防戦」は地球連邦軍とジオン公国軍の運命を決する重要な戦いであった。

この戦場には多くの著名なキャラクターたちが参戦し、それぞれが持つ卓越した技術と勇気で戦局を左右した。

この記事では”実は参戦していた”エギーユ・デラーズやアナベル・ガトー、不死身の第四小隊、ヘンケン・ベッケナー、ジョニー・ライデンなど、戦いの中で際立った活躍を見せた人物たちを紹介する。

彼らのエピソードを通じて「ア・バオア・クー攻防戦」の壮絶なドラマと、その背景にある人間ドラマを深く掘り下げていく。

■ポイント!

  • 一年戦争の「ア・バオア・クー攻防戦」の概要
  • エギーユ・デラーズの指揮と判断
  • アナベル・ガトーの戦闘技術とリスク
  • 不死身の第四小隊の活躍とヘンケン・ベッケナーの役割

ア・バオア・クー攻防戦に参戦していた人物たち|スターダストメモリー

  • エギーユ・デラーズの戦い
  • アナベル・ガトーの奮闘
  • 不死身の第四小隊の活躍

エギーユ・デラーズの決断

エギーユ・デラーズは「ア・バオア・クー攻防戦」に参戦したジオン公国軍の指揮官である。彼は後にジオン残党勢力「デラーズ・フリート」を率いることになる。

デラーズの戦いは、「ア・バオア・クー」の防衛戦において重要な役割を果たした。エギーユ・デラーズは「ア・バオア・クー攻防戦」において指揮を執り、後のデラーズ・フリートを形成する基盤を築いたのだ。

OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』第1話では、ギレン総帥の戦死報告を受けたデラーズが即座に撤退を指示する場面が描かれている。彼の判断により、多くの部下が命を救われたのである。

この戦いのデメリットとして、デラーズが撤退を決断することで一部の兵士には士気低下を招く恐れがあった。しかし、その決断が後にデラーズ・フリートとしての再起に繋がる重要な一歩であったことを考えればデラーズの指導力の高さが伺える。

アナベル・ガトーの奮闘

アナベル・ガトーは「ソロモンの悪夢」として知られるジオン軍のエースパイロットである。彼もまた「ア・バオア・クー攻防戦」に参戦し、その名を轟かせた。

ガトーの奮闘はジオン軍の士気を大いに高めることとなった。

アナベル・ガトーは「ア・バオア・クー攻防戦」において卓越した戦闘技術でジオン軍を支えた。彼の操縦するゲルググが戦場で圧倒的な存在感を示したことが挙げられる。

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』第1話で描かれるように、ガトーは死地を求めて出撃を続けようとしデラーズに引き留められる場面がある。これは彼の戦闘意欲の高さと責任感の強さを示している。

ガトーの戦闘スタイルは非常にリスクの高いものであり、一歩間違えれば命を落とす危険があった。しかし、その勇気と技量が戦局を支えたことは疑いようがない。

不死身の第四小隊の活躍

「不死身の第四小隊」とは地球連邦軍の中でも特に優秀な部隊で、一年戦争を通じて高い生存率を誇った。その名の通り、ソロモン攻略戦や「ア・バオア・クー攻防戦」などの激戦を生き抜いたことで知られている。

不死身の第四小隊は「ア・バオア・クー攻防戦」においても、その名に恥じない活躍を見せた。この部隊は一人の犠牲者も出さずに戦い抜いたことで有名である。

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する、

  • サウス・バニング
  • アルファ・A・ベイト
  • ベルナルド・モンシア
  • チャップ・アデル

などのメンバーが、その実績を物語っている。

不死身の第四小隊の活躍は地球連邦軍の士気を大いに高める一方で、彼らの戦闘スタイルは極めて危険であった。

戦場での高度な技術と冷静な判断が求められるため、常に高い緊張感の中での戦闘を強いられていた。それでもなお、彼らの存在は戦場での大きな希望となった。

ア・バオア・クー攻防戦に参戦していた人物たち|その他

  • ヘンケン・ベッケナーの経験
  • ジョニー・ライデンの防衛戦

ヘンケン・ベッケナーの経験

ヘンケン・ベッケナーは一年戦争のクライマックスである「ア・バオア・クーの戦い」に参加していた。彼は『機動戦士Zガンダム』の第5話でその経験を語っている。

ヘンケンは当時、サラミス改フジ級輸送艦「スルガ」の艦長を務めていた。彼は戦場で後方支援を担当しており、前線での戦闘には直接関与していなかったようである。

彼は直接ジオングを見ることはなかったが、赤い彗星と呼ばれるシャア・アズナブルの存在感を感じたと語っている。

この経験から、ヘンケンは戦場での重要な役割を果たしていたことがわかる。しかし、前線での戦闘を経験していないため、実際の戦闘の緊迫感とは少し異なる視点を持っていたと言える。

前述の通り、彼の役割は後方支援であり、その点で彼の経験は他のキャラクターと異なる面を持っている。

ジョニー・ライデンの防衛戦

ジョニー・ライデンは「ア・バオア・クーの戦い」で重要な役割を果たしたエースパイロットである。彼はキシリア配下の「キマイラ隊」の隊長として戦場に立ち、真紅のパーソナルカラーの「高機動型ザクII」で防衛戦に参加していた。

ジョニー・ライデンは「真紅の稲妻」という異名を持つほどの優れたパイロットであり、戦場での防衛任務を任されていた。彼は「ア・バオア・クー」での戦いの中で行方不明となった事実は、彼の戦闘能力の高さとともに戦場の過酷さを物語っている。

ジョニー・ライデンの防衛戦は、その名にふさわしい激戦であった。彼の戦闘スタイルやその後の行方は多くのファンの関心を集め続けている。

一方で戦場での行方不明という結末は、戦争の悲惨さや不確実性を象徴していると言える。このように、ジョニー・ライデンの防衛戦は一年戦争の中でも特に印象的なエピソードの一つである。

まとめ:実はア・バオア・クー攻防戦に参戦していた猛者たち

以下にポイントをまとめる。

  • エギーユ・デラーズは「ア・バオア・クー攻防戦」に参戦したジオン公国軍の指揮官
  • デラーズは後にジオン残党勢力「デラーズ・フリート」を率いることになる
  • デラーズは冷静な判断力と統率力で部隊を指揮した
  • ギレン総帥の戦死報告を受けて即座に撤退を指示した
  • 撤退決断により部下の命が救われたが、士気低下の恐れがあった
  • アナベル・ガトーは「ソロモンの悪夢」として知られるエースパイロット
  • ガトーは「ア・バオア・クー攻防戦」で卓越した戦闘技術を見せた
  • ガトーの戦闘スタイルはリスクが高かったが、ジオン軍を大いに支えた
  • 不死身の第四小隊は高い生存率を誇る地球連邦軍の部隊
  • 第四小隊は「ア・バオア・クー攻防戦」でも一人の犠牲者も出さずに戦い抜いた
  • ヘンケン・ベッケナーは「ア・バオア・クーの戦い」に後方支援として参加
  • ヘンケンは当時サラミス改フジ級輸送艦「スルガ」の艦長を務めていた
  • ジョニー・ライデンは「ア・バオア・クーの戦い」でキマイラ隊の隊長として参戦
  • ライデンは「真紅の稲妻」として知られるエースパイロット
  • ライデンは「ア・バオア・クー」の防衛戦で行方不明になった

今のあなたにオススメの記事

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連記事

掲載中の記事を見る

error: Content is protected !!