【フルアーマーガンダム】増加ウェポンシステムを装着した FA-78-1を解説!

267view

フルアーマーガンダム

装甲と火力をアップさせたガンダム

フルアーマーガンダム(型式:FA-78-1)は、連邦軍が一年戦争末期に開発した「増加ウェポンシステム」を装着させたガンダムタイプである。

増加ウェポンシステムプランのコードネームは「FSWS計画」と呼ばれるもので、機体の肩・胸・腰などに装甲を増設している。この装甲は簡易型のため装着は容易となっている。

武装面では、ランドセルに360mmロケット砲、右腕に2連装ビーム・ライフルを装備しているのが特徴。

装甲と武装を増加させた分の重量過多を補うために、ランドセル及び脚部の推進装置の強化が図られている。

この機体はニュータイプ部隊での運用を予定して開発されたが、部隊へ実際に配備されることはなく戦場に出る事はなかった。

テスト機による実戦は行われていたようであるが、運用が中止となった理由は明らかになっていない。

プラモデル情報

フルアーマーガンダムのプラモデルは1983年から1985年にかけて展開されたMSVシリーズから3タイプが発売されている。名称は全て「FA-78-1 ガンダムフルアーマータイプ」。

パッケージのイラストは、1/144と1/100を石橋謙一氏、1/60を上田信氏が描いている。

  • 1983年7月発売:1/144スケール/価格400円

  • 1983年10月発売:1/60スケール/価格2,200円

  • 1984年4月発売:1/100スケール/価格1,000円

機体スペック

  • 名称:フルアーマーガンダム
  • 型式:FA-78-1
  • 頭頂高:18.0m
  • 本体重量:62.5t

武装

  • 頭部バルカン砲×2
  • 2連装ビーム・ガン
  • キャノン砲
  • 肩部ミサイル・ベイ×2
  • 膝部ミサイル・ベイ×2

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!