- 総投票数4000票突破! -

あなたの好きなガンダム作品は?

【ズゴックの系譜】水陸両用モビルスーツの魅力と種類を完全解説!

1126view

2023.10.02

目次

ズゴック系と聞いて、どれだけのモデルを思い浮かべることができるだろうか?水陸両用としてその名を馳せるズゴック系モビルスーツは、多岐にわたるバリエーションと独特のデザインで数多くのファンを魅了してきた。

この記事では、ズゴック系の種類を中心に、その魅力や特徴、歴史的背景について深く掘り下げていく。初めてズゴック系に触れる方から、熟練のファンまで、幅広い読者にその魅力を伝えるための完全ガイドとなることを目指している。

■記事のポイント

  1. ズゴック系モビルスーツの特性とその水陸両用としての役割
  2. 各モビルスーツ(ズゴック、シャア専用ズゴック、ゼーゴックなど)の独自の特徴と性能
  3. ズゴック系モビルスーツの派生機種とそれぞれの戦術や任務への適応性
  4. ズゴック系モビルスーツの歴史的背景とその進化の過程

ズゴック系のモビルスーツ紹介

ズゴック系のモビルスーツは、水陸両用の特性を持つモビルスーツとして知られている。これらのモビルスーツは、特定の環境下での戦闘を主眼に開発され、それぞれが独自の特性と機能を持っている。この章では、ズゴック系のモビルスーツの中でも特に代表的なものを取り上げ、その特徴や性能について詳しく解説していく。

  1. MSM-07 ズゴックの特徴
  2. シャア専用ズゴックとは?
  3. MSM-07Di ゼーゴックの能力
  4. MSM-08 ゾゴックの戦術
  5. MSM-07E ズゴックEの進化
  6. MSM-03 ゴッグの系譜
  7. MSM-03C ハイゴッグの改良点
  8. ゾッグの存在と特性
  9. EMS-05 アッグの役割
  10. MSM-04 アッガイの起源
  11. MSM-04N アッグガイの特徴
  12. MSM-04G ジュアッグのサポート能力
  13. ゴッグとハイゴッグの違い
  14. ゾゴックとズゴックEの比較
  15. アッガイ系のモビルスーツ

MSM-07 ズゴックの特徴

MSM-07 ズゴックは、水陸両用MSを代表する傑作機として知られている機体だ。このモデルは、水冷式と空冷式の核熱融合炉を搭載しており、地上での作戦行動時間が大幅に延長されている。

また、腕部には収束率の高いメガ粒子砲と、ジムの胴体をも貫通させる3対のアイアンネイルを備えている。

これにより、中距離射撃戦から格闘戦まで幅広く対応することが可能である。ただ、その高性能ゆえに生産コストも高く、一部のエリート部隊や特定の作戦にのみ配備されることが多かったと言われている。

シャア専用ズゴックとは?

シャア専用ズゴックは、キシリア・ザビの突撃機動軍に移籍したシャア・アズナブルが使用した機体。

このS型は後期生産型として知られ、特にチューンナップされたものではないが、初期型よりも総合性能が向上している。

シャアの搭乗機としての特性を活かし、ジャブロー侵攻の際にはその高い機動性と攻撃力を発揮した。しかし、シャア専用というだけあって、一般のパイロットが操縦するには高度な技術が求められるとも言われている。

MSM-07Di ゼーゴックの能力

MSM-07Di ゼーゴックは、ズゴックを管制ユニットに流用した「モビルダイバーシステム」と呼ばれる試作兵器だ。

このモデルは、ズゴックを流用しているものの、その活動域は衛星軌道上から大気圏内に限られている。

主な任務は、地上から発進する連邦艦隊を宇宙から迎撃すること。巨大な兵器コンテナに武装を積み、左腕部のメガ粒子砲も使用可能である。作中では、5隻の連邦艦隊を撃沈するなどの活躍を見せた。

MSM-08 ゾゴックの戦術

MSM-08 ゾゴックは、伸縮式のアームパンチを内蔵した格闘戦用のモビルスーツだ。

名前の通り、ズゴックの兄弟機として位置づけられているが、ズゴックが制式採用されたため、「ジャブロー潜入組」に編入された。

このモデルは、その強力なアームパンチを活かして、敵モビルスーツや施設を破壊することを主任務としている。ただし、その特性上、中・長距離戦では若干の不利があるとも言われている。

MSM-07E ズゴックEの進化

MSM-07E ズゴックEは、大戦末期の統合整備計画により、水陸両用モビルスーツの代表格であるズゴックが再設計されたモデル。

このモデルは、海中巡行時に手足を引き込むことができ、背部にはジェットパックが装備可能となっている。

このような特性を持つことで、より高い機動性と攻撃力を持つことができるようになった。しかし、その生産数は限られており、主に小隊の隊長機として配備されることが多かったと言われている。

MSM-03 ゴッグの系譜

MSM-03 ゴッグは、水冷式の大型熱核融合炉を採用し、初めてメガ粒子砲の搭載を実現したモビルスーツ。このモデルは、海中戦用の腹部魚雷発射管や機雷を回避するフリージーヤードなどの特性を持っている。

また、ガンダムの「ハイパー・ハンマー」を物ともしない重装甲を持っており、その防御力は非常に高いとされている。

しかし、その重装甲ゆえに機動性にはやや劣るとも言われており、ゴッグは主に敵基地への突撃や要塞の防衛など、特定の戦術に特化して使用されることが多かった。

MSM-03C ハイゴッグの改良点

MSM-03C ハイゴッグは、ゴッグの後継機として開発されたモデルだ。このモデルは、ゴッグの基本設計を踏襲しつつ、多くの改良が施されている。

主な改良点としては、腕部の6連装ミサイルポッドや、背部に装備された大型のジェットエンジンなどが挙げられる。

これにより、ハイゴッグはゴッグよりも高い機動性と攻撃力を持つことができるようになった。ただし、その高性能ゆえに生産コストも高く、一部のエリート部隊や特定の作戦にのみ配備されることが多かったとされている。

ゾッグの存在と特性

ゾッグは、ゴック系のモビルスーツの中でも特異な存在として知られている機体である。このモデルは、他のゴック系とは異なり、特定の戦術や任務に特化しているわけではない。

しかし、その独特のデザインや機能は、多くのファンから支持を受けている。

ゾッグの最大の特徴は、その強力なビーム兵器や、高い機動性を持つこと。これにより、ゾッグは多様な戦術や任務に対応することができると言われている。

EMS-05 アッグの役割

EMS-05 アッグは、ゴック系のモビルスーツの中でも、特に早期のモデルとして知られている。このモデルは、主に偵察や哨戒などの任務に使用されることが多かったようだ。

アッグの最大の特徴は、その小型でありながらも高い機動性を持っていること。

これにより、アッグは敵の監視網を潜り抜けることができるとともに、敵の不意をつくことも可能であった。しかし、その小型ゆえに火力や防御力には劣るため、直接の戦闘には向いていないとも言われている。

ズゴック系の派生機種と特性

ズゴック系のモビルスーツは、その基本設計を元に多くの派生機種が開発されている。

これらの派生機種は、それぞれが独自の特性や機能を持っており、特定の戦術や任務に特化して使用されることが多かったと言われている。

この章では、ゴック系の派生機種の中でも特に代表的なものを取り上げ、その特徴や性能について詳しく解説していく。

MSM-04 アッガイの起源

MSM-04 アッガイは、ズゴック系のモビルスーツの中でも、特に早期のモデルとして知られている機体だ。このモデルは、ゴックの基本設計を元に開発され、主に水中での作戦行動を想定して設計されている。

アッガイの最大の特徴は、その強力な格闘戦能力と、高い機動性を持つこと。これにより、アッガイは敵の監視網を潜り抜けることができるとともに、敵の不意をつくことも可能となった。

しかし、その特性上、中・長距離戦では若干の不利があるとも言われている。

MSM-04N アッグガイの特徴

MSM-04N アッグガイは、アッガイの後継機として開発されたモデル。このモデルは、アッガイの基本設計を踏襲しつつ、多くの改良が施されている。

主な改良点としては、腕部の6連装ミサイルポッドや、背部に装備された大型のジェットエンジンなどが挙げられる。

これにより、アッグガイはアッガイよりも高い機動性と攻撃力を持つことができるようになった。ただし、その高性能ゆえに生産コストも高く、一部のエリート部隊や特定の作戦にのみ配備されることが多かった。

MSM-04G ジュアッグのサポート能力

MSM-04G ジュアッグは、ズゴック系のモビルスーツの中でも、特にサポート能力に優れたモデルである。このモデルは、他のゴック系モビルスーツとは異なり、主に後方支援や火力支援を主任務としている。

ジュアッグの最大の特徴は、その強力な火力と、高い防御力を持つこと。これにより、ジュアッグは前線のモビルスーツをサポートすることができるとともに、敵の攻撃から味方を守ることも可能である。

しかし、その重装甲ゆえに機動性にはやや劣るとも言われており、ジュアッグは主に固定陣地や要塞の防衛など、特定の戦術に特化して使用されることが多かったとされる。

ゴッグとハイゴッグの違い

ゴッグとハイゴッグは、ズゴック系のモビルスーツの中でも、特に似た特性を持つモデルとして知られている。

しかし、これらのモデルは多くの点で異なる特性を持っているおり、ゴッグはその強力な格闘戦能力と、高い機動性を持つことが最大の特徴だ。

一方、ハイゴッグは、ゴッグの基本設計を元に多くの改良が施され、より高い火力と防御力を持つことができるようになった。これにより、ハイゴッグはゴッグよりも多様な戦術や任務に対応することができる。

ゾゴックとズゴックEの比較

ゾゴックとズゴックEは、ズゴック系のモビルスーツの中でも、特に高い性能を持つモデルであり、ゾゴックはその独特のデザインや機能が特徴で、多くのファンから支持を受けている。

一方、ズゴックEは、ズゴックの基本設計を元に多くの改良が施され、より高い機動性と攻撃力を持つことができるようになっている。

これにより、ズゴックEはゾゴックよりも多様な戦術や任務に対応することができる。

アッガイ系のモビルスーツ

アッガイ系のモビルスーツは、ズゴック系のモビルスーツの中でも、特に早期のモデルである。これらのモデルは、ゴックの基本設計を元に開発され、主に水中での作戦行動を想定して設計された。

アッガイ系のモビルスーツの最大の特徴は、その小型でありながらも高い機動性を持つこと。これにより、アッガイ系のモビルスーツは敵の監視網を潜り抜けることができるとともに、敵の不意をつくことも可能であった。

しかし、その特性上、中・長距離戦では若干の不利があるとが弱点である。

まとめ:ズゴック系モビルスーツの種類と魅力

以下に本記事のポイントをまとめる。

  1. ズゴック系のモビルスーツは水陸両用の特性を持つ
  2. MSM-07 ズゴックは水陸両用 MS の代表格である
  3. シャア専用ズゴックはシャア・アズナブルが使用した機体である
  4. MSM-07Di ゼーゴックはズゴックを管制ユニットに流用した試作兵器である
  5. MSM-04N アッグガイはアッガイの後継機として開発された
  6. MSM-04G ジュアッグはサポート能力に優れたモデルである
  7. ゴッグとハイゴッグはズゴック系の中で似た特性を持つが、多くの点で異なる
  8. ゾゴックとズゴック E はズゴック系の中で高い性能を持つモデルである
  9. MSM-08 ゾゴックは伸縮式のアームパンチを内蔵した格闘戦用のモビルスーツである
  10. MSM-07E ズゴック E は大戦末期の統合整備計画により再設計されたモデルである
  11. MSM-03 ゴッグは初めてメガ粒子砲の搭載を実現したモビルスーツである
  12. MSM-03C ハイゴッグはゴッグの後継機として開発され、多くの改良が施されている

今のあなたにオススメの記事

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連記事

掲載中の記事を見る

error: Content is protected !!