- 総投票数4000票突破! -

あなたの好きなガンダム作品は?

【ホワイトベースの女性クルー】フラウ・セイラ・ミライ、ファンを惹きつける彼女達の魅力とは

516view

2023.09.09

目次

『機動戦士ガンダム』ホワイトベースの女性クルーの魅力

1979年にデビューした『機動戦士ガンダム』は、その後も新作が続々と登場し多くのファンに愛され続けている。

この作品の成功の要因は数多くあるが、その中でも特に注目されるのが魅力的なキャラクターたちだろう。特にホワイトベースの女性クルーたちは多くのファンから愛されている。

この記事では、その三人の女性キャラクター、『フラウ・ボゥ、セイラ・マス、ミライ・ヤシマ』の三人に焦点を当て、彼女たちがどのように多くの人々を魅了しているのかを探っていく。

①:フラウ・ボゥ:庶民的な魅力と成長の軌跡

一人目に紹介する「フラウ・ボゥ」は主人公アムロ・レイの隣人であり、彼のガールフレンドでもある。彼女はジオン軍の攻撃によって家族を失い、アムロと共にホワイトベースに避難・搭乗することとなる。

フラウはその後も孤児たちの面倒を見るなど、ホワイトベース内での母性的な存在となっていくのである。フラウとアムロの関係は、アムロがニュータイプとして覚醒するにつれて変化していくことになる。

続編『機動戦士Zガンダム』では、フラウは同じくホワイトベースに搭乗した「ハヤト・コバヤシ」と結婚しているのだ。

彼女の庶民的な魅力は、多くのファンから「結婚するならフラウ・ボゥ」と評されるほどだ。

➂:セイラ・マス:クールな美女からの脱皮

二人目に紹介する「セイラ・マス」はジオンの創始者ジオン・ズム・ダイクンの長女であり、アムロの永遠のライバル、シャア・アズナブルの妹である。

彼女もまた、ジオン軍の攻撃でサイド7を逃れ、ホワイトベースに避難・搭乗することになった一人だ。セイラはその冷静な性格と美貌で多くのファンを魅了している。

特に注目すべきは、小説版でのセイラとアムロの関係性だ。小説版では二人は恋愛関係にあるとされており、アニメ版だけを見ているファンには驚きの事実かもしれない。

➂:ミライ・ヤシマ:究極のモテ女性

三人目に紹介する「ミライ・ヤシマ」は、おそらくホワイトベースの女性乗組員の中で最も男性からの注目を集めた女性だろう。

彼女は元婚約者のカムラン・ブルームやスレッガー・ロウ中尉とのラブロマンスが描かれている。最終的に彼女を射止めたのはホワイトベースの艦長だったブライト・ノアだった。

続編の『機動戦士Zガンダム』では、ブライト・ノアとの結婚が描かれている。

ミライの魅力は、その落ち着いた性格と母性だ。多くのファンが「ミライ・ヤシマのような女性が理想」と語っているほどだ。

ファンを惹きつけるホワイトベースの女性クルー:まとめ

『機動戦士ガンダム』が長年にわたって愛され続ける理由の一つは、多様なキャラクターが描かれているからにほかならない。

特に、一年戦争でホワイトベースのクルーだった「フラウ・ボゥ、セイラ・マス、ミライ・ヤシマ」といった三人の女性キャラクターは、それぞれ異なる魅力で多くのファンを引きつけて離さない。

「機動戦士ガンダム」作品の、この多様性が多くの人々を魅了し続ける秘訣なのかもしれない。

今のあなたにオススメの記事

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連記事

掲載中の記事を見る

error: Content is protected !!