【マ・クベ専用グフ】オデッサ基地司令官専用機 MS-07Bを解説!

1010view

マ・クベ専用グフ

マ・クベとは?

マ・クベは、ジオン公国軍「突撃機動軍所属」で、階級は大佐。地球における鉱物採掘資源の最重要拠点”オデッサ”の基地司令官も務めた。また、キシリア・ザビ少将の側近でもある。

美術品を好んでおり、壺などを収集している。また自身も美意識とプライドが高く、専用のMSで出撃したり、シャア大佐をライバル視することもあった。

オデッサで連邦軍に敗北後は宇宙に上がり、テキサスコロニーでアムロのガンダムと戦い戦死したとされている。

戦死”したとされる”とは、マ・クベのその後は諸説あり、戦死したとも一年戦争を生き抜いたとも言われているためである。

式典用?マ・クベ専用グフ

マ・クベ大佐専用のグフはドズル・ザビ専用ザクと同じく、機体全体に「エングレービング」装飾を施し、ザビ家を象徴するような機体となっている。

頭部のブレードアンテナも”スピンヘッド状”になっており、非常に豪華で派手である。そのため、戦場用ではなく”式典用”などに使用された機体だと思われる。

なお、基本性能は生産型のMS-07Bグフと変わらないとされる。

このグフもそうであるが、後に搭乗するMS”ギャン”も近接戦闘を主体としている機体であることから、マ・クベは接近戦を好む、もしくは得意としていたのかもしれない。

プラモデル情報

マ・クベ大佐専用グフは、1983年から1985年にかけて展開された「MSVシリーズ」では発売されていない。

機体スペック

  • 名称:マ・クベ専用グフ
  • 型式:MS-07B
  • 頭頂高:18.2m
  • 本体重量:58.5t

武装

  • ヒート・ロッド
  • 5連装フィンガー・バルカン
  • ヒート・ソード

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!