【強行偵察型ザク】高い機動性で敵機を探知した MS-06Eを解説!

616view

ザク強行偵察型

高い機動力を持つ偵察型ザク

ザクE型と呼ばれるMS-06Eは、高い機動力を生かした強行偵察型のザク。
なお、開発当初の型式はRMS-06であった。

基本構造はザクC型やF型を継承してるいが「背部のメインロケット、緊急離脱用のロケット」などが異なっている。

頭部には大口径大型カメラを装着しており、モノアイは横方向だけでなく縦方向への回転も可能となっている。

また、探知用のカメラは両肩に一基ずつと、股関節にも装備されている。

偵察用の機体のため、装備している武装はCE-16TXカメラ・ガンのみである。

後にこの機体をベースに、機動性・探知システムを向上させたザクフリッパー(MS-06E-3)が開発された。

生産数
  • 約100機



プラモデル初登場

なお、ザク強行偵察型・MS-06Eのプラモデルが発売されたのは1983年(昭和58年)8月である。
1/144スケールで、価格は500円。

機体スペック

  • 名称:ザク強行偵察型
  • 型式:MS-06E
  • 登頂高:17.7m
  • 重量:60.4t
  • 全備重量:76.2t
  • 出力:951kW
  • 推力:53.750kg
  • センサー有効半径:3.200m

武装

  • CE-16TXカメラ・ガン

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!