【ジム・スナイパーカスタム】エースパイロット用にカスタムされたジム高性能タイプ RGM-79SCを解説!

632view

ジム・スナイパーカスタム

エースパイロット専用の高性能型ジム

一年戦争で地球連邦軍が開発したモビルスーツ・ジムを、エースパイロット用に改良したのが「ジム・スナイパーカスタム」である。

ジムは開戦当初に無敵を誇ったジオン軍のザクⅡ(MS-06)よりも高性能ではあったが、ガンダムと比べるとその性能差は大きかった。

そこで一部のエースパイロットからの要望を受け、エースパイロット向けのジムが開発される事となった。

そのうちの1機がジム・スナイパーカスタムであり、他のジムとは異なる”ミリタリーカラー”で塗られいるのが特徴的である。

ネーミングにスナイパーと付けられているだけあって、射程を強化した専用のビーム・ライフルを装備している。(※装填数が少ない事が課題となった)

また、ランドセルや脚部スラスターの推力を向上させ、機動性も強化されている。そのため製造コストが加算され、生産された機体は約50機ほどだとされる。

エース専用機であるため、各パイロットの要望に合わせたカスタマイズが施されており、中でも『フランシス・バックマイヤー中尉』の機体が有名である。

彼のジム・スナイパーカスタムは非常に重武装で、頭部に格闘用のバイザーを装備しており、脚部には2連装ビームガンを備えている。

なお、バックマイヤー中尉仕様は”有効的”であると判断され、生産された50機の約半数に同じ仕様が採用されることになった。

高機動・重武装となったジム・スナイパーカスタムは、主に艦隊防衛などに運用された。

プラモデル情報

ジム・スナイパーカスタムのプラモデルは1983年(昭和58年)12月にMSVシリーズから「RGM-79 ジムスナイパーカスタム」の名称で発売されている。1/144スケールで価格は400円。

パッケージのイラストを手掛けたのは上田信氏で、艦隊防衛風景が描かれている。

機体スペック

  • 名称:ジム・スナイパーカスタム
  • 型式:RGM-79SC
  • 頭頂高:18.0m
  • 本体重量:44.2t
  • 装甲材質:チタン系合金

武装

  • ボックスタイプ・ビームサーベル・ユニット
  • R-4タイプビーム・ライフル
  • ハンド・ビームガン

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!