【作業用ザク】一般作業用としてリサイクルされた MS-06Wを解説!

906view

作業用ザク

 

一般作業用ザク

作業用ザクは型式MS-06W(ザクW型と呼ばれる)で、一般作業を目的として現地調達、現地生産されたザクである。

ザクタンクと同じく、戦闘で損傷した機体を再利用(リサイクル)して作られたMSで、ザクタンクよりも誕生時期が早い。

そのため、旧式のザクⅠ(MS-06)のパーツが流用されている。(ザクⅡやグフを再利用した機体もあったようだ)

この作業用ザクは「アジア西部戦線とアフリカ戦線」限定で運用されたため、殆どのジオン軍人が機体の存在すら”知らない”という悲しいMSでもある。

作業用ザクの役割

作業用ザクの主な役割は「土木作業や輸送」などである。
左腕には「大型スコップ」、右腕には「ウインチ」を装着し、作業用としての機能が充実している。

また、背部のランドセル部分にはコンテナを背負える「デッキ」が設けられており、荷物の運搬が可能となっている。

戦闘にも参加!?

腕部分はザクタンクのような「作業用マニュピレーター」ではなく、ザクⅡのパーツを流用しているので武器の装備は可能であった。

そのため、一年戦争末期にジオン軍が戦力不足に陥った際には、武装して戦場へ担ぎ出されたとされている。



プラモデルの登場

なお、作業用ザク(MS-06W)のプラモデルは1983年から1985年にかけて展開されたMSVシリーズでは発売されず、ガンプラコレクションの1/288スケールでの発売となった。

機体スペック

  • 名称:作業用ザク
  • 型式:MS-06W
  • 登頂高:17.7m
  • 重量:51.8t

武装

  • 無し

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!