- 総投票数2800票突破! -

あなたの好きなガンダム作品は?

【フルアーマー ガンダムMk-Ⅱ】グリプス戦役期に不要とされた重装甲プラン

1032view

2020.12.27

フルアーマー ガンダムMk-Ⅱ


(出典 プレミアムバンダイ

ガンダムMK-Ⅱの防御力強化プラン

フルアーマーガンダムMk-Ⅱは、名称の通り「ガンダムMK-Ⅱ」の装甲強化型として、企画されたモビルスーツである。

この様な重装甲型が企画されるという事は、ガンダムMk-Ⅱの防御力は、当時としては特別優れていたわけではなかったためである。

ガンダムMk-Ⅱは「ムーバブル・フレーム」をモビルスーツ史上初めて搭載した機体であったが、装甲材には「チタン合金系」が採用されていたので、当時の標準レベルの装甲であった。

フルアーマーガンダムMk-Ⅱには、「胴体(全面)・肩部・脚部・腰部」に強化装甲が取り付けてられている。防御力はアップする反面、当然ながら機動力が落ちる。

そこで、両脚部にスラスターユニットを増設したが、重量増を補えるだけの効果は無かったようである。

結局、このフルアーマー化プランは採用されず、Gディフェンサーとの合体プラン(スーパーガンダム)が採用されることとなった。

後の第一次ネオ・ジオン戦争期に流行ることになる「モビルスーツの恐竜化」であるが、ビーム兵器主体のグリプス戦役期においては『機動力』が求められる結果となった。

機体スペック

  • 名称:フルアーマーガンダムMk-Ⅱ
  • 型式:FA-178
  • 頭頂高:18.5m
  • 本体重量:74.3t
  • 出力:1.930kW
  • 推力:124.500kg
  • 装甲材:ガンダリウム合金

武装

  • バルカン・ポッド・システム
  • ビームサーベル×2
  • 2連装ビームガン(グレネードランチャー付)
  • グレネードランチャー
  • フレキシブルシールド

プラモデル情報

今のあなたにオススメの記事

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!