【ガンキャノンⅡ】戦場に出ることはなかった!?ビーム兵器搭載の中距離支援機 RX-77-4を解説!

590view

ガンキャノンⅡ

ビームキャノンを備えた中距離支援機

ガンキャノンを発展させたガンキャノン重装型、そこからさらに射撃精度と火力を向上・発展させた機体が「ガンキャノンⅡ(RX-77-4)」である。型式末尾の”4”が股関節部分に大きく記されているのが特徴。

顔のデザインもこれまでとは異なっており、特に武装が大きく変更されている。肩のキャノン砲はビーム兵器となり、照準システムを搭載する事で射撃の精密さも向上させている。

肩のキャノンは一門に減ってはいるが、その分連射性が上がっている。また、腰部にはマガジン装填式の「ファイア・ナッツ」と呼ばれる武装が標準装備されている。

ガンキャノン重装型から軽量化も図られており、スラスターの推力強化でジャンプ飛行も可能となった。

なお、このガンキャノンⅡは数機が開発され、北アメリカ戦線にテストを兼ねて配備された。しかし実際に戦場に出ることはなかったとも言われているが、これには諸説ある。

プラモデル情報

ガンキャノンⅡ(RX-77-4)のプラモデルは1984年(昭和59年)5月にMSVシリーズから発売されている。名称は「RX-77-4 ガンキャノンⅡ」。1/144スケールで、価格は500円。

機体スペック

  • 名称:ガンキャノンⅡ
  • 型式:RX-77-4
  • 頭頂高:18.0m
  • 本体重量:52.7t

武装

  • バルカン砲×2
  • ビーム・ライフル
  • ビーム・キャノン
  • マガジン装備型ファイア・ナッツ

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!