- 総投票数4000票突破! -

あなたの好きなガンダム作品は?

逆襲のシャア【我らが願い】電車の中で歌唱された”ネオ・ジオン国歌”

18view

2024.05.14

目次

劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の中で特に印象深い要素の一つとして挙げられるのが、ネオ・ジオン国歌「我らが願い」だ。

この曲はネオ・ジオン総帥「シャア・アズナブル」が率いる軍の理念や目指す世界を表現した楽曲であり、劇中での彼らの行動や哲学を象徴的に描いている。

本稿では、この国歌の背景、歌詞の意味、劇中での役割と使用状況について解説する。

■ポイント!

  1. ネオ・ジオン国歌「我らが願い」の歌詞とテーマ
  2. 劇中で使用されるシーンと物語に与える影響
  3. ネオ・ジオンとシャア・アズナブルの理念と目的
  4. ファンによる曲の評価と影響力

逆襲のシャアで歌われたネオ・ジオン国歌「我らが願い」

  • ネオ・ジオン国歌「我らが願い」について
  • 歌詞と内容
  • 我らが願い|YouTube動画

ネオ・ジオン国歌「我らが願い」について

「我らが願い」は、ネオ・ジオンの理念と目指す世界を象徴する歌であり、その歌詞からはネオ・ジオンの独立と自立、さらには理想を実現しようとする強い意志が感じ取れる。

この歌は作中でシャア・アズナブル率いるネオ・ジオン軍が登場する場面などで背景音楽として使用され、彼らの行動や哲学を効果的に表現している。

作品内でのこの国歌の使用は、ネオ・ジオンという集団が単なる反逆者や敵対勢力ではなく、自分たちの信じる正義と理想のために戦う者たちであることを観客に印象づける役割を担っている。

そのため、単なる軍歌ではなく彼らのアイデンティティを形作る重要な要素となっているのだ。

また、この国歌はファンの間でも評価が高く、ガンダムシリーズの音楽の中でも特に記憶に残る曲の一つとされている。

音楽はシリーズ全体の雰囲気を高める要素として非常に重要であり、「我らが願い」はその良い例と言えるだろう。

歌詞と内容

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の挿入歌である「我らが願い」の歌詞は、環境保護や人類の未来への願いがテーマとなっている。

この歌は劇中で「シャア、ギュネイ、クエス」の3人が電車に乗った際のシーンで流れ、物語のテーマやキャラクターの心情を強調する役割を果たしているのだ。

歌詞

以下の歌詞は、劇場版「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」にて、電車の中で歌唱された歌詞である。

星の光に思いをかけて
熱い銀河を胸に抱けば
夢はいつしかこの手に届く
Char’s believing ours pray pray
Char’s believing ours pray pray

他にも、小説版「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア/ベルトーチカ・チルドレン」載っているものなど、多少歌詞が異なるバージョンも存在する。

我らが願い|YouTube動画

こちらは『諸星弾(モロボシ・ダン)おんがくチャンネル/DANN’s Music』から公開されている動画で、ファンには鳥肌物だ。

タイトル:ネオジオン国歌「我らが願い」『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』劇中歌【歌ってみた】

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』

劇中歌 「我らが願い」(ネオジオン国歌)

まとめ:

以下にポイントをまとめる。

  • 「我らが願い」はネオ・ジオンの国歌である
  • シャア・アズナブル率いるネオ・ジオン軍が使用する背景音楽である
  • 歌詞はネオ・ジオンの理念と世界観を表現している
  • 劇中での使用はネオ・ジオンの正義と理想を象徴している
  • ガンダムシリーズの音楽の中でも特に記憶に残る曲とされる
  • 音楽はシリーズ全体の雰囲気を高める重要な要素である
  • 歌詞には環境保護や人類の未来への願いがテーマとなっている
  • 電車に乗るシャア、ギュネイ、クエスのシーンで流れる
  • 小説版では歌詞が異なるバージョンも存在する

今のあなたにオススメの記事

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連記事

掲載中の記事を見る

error: Content is protected !!