【プロトタイプガンダム】シャアの奇襲で失われた,元祖ガンダム RX-78-1を解説!

685view

プロトタイプガンダム

V作戦で開発されたRXシリーズの始祖

地球連邦軍がルウム戦役で多大な被害を受けたジオンのモビルスーツ、ザクに対抗するために開発した試作モビルスーツ。

RX-78シリーズは、ガンキャノンやガンタンクと違い、頭部バルカン以外に固定武装を持たせず、ビームライフルやシールドなど、戦況に合わせて選択が可能となっている。

RX-78の試作機は1号機から3号機まであり、3機ともサイド7でテストが行われている。

当初のプランでは1・2号機は腕とビームライフルが一体化している仕様で、専用パーツの”ホルスター”が右腰に備わっていたが、結局この案は不要と判断された。また、1号機は徹底した軽量化が図られている。

本機プロトタイプガンダム(1号機)は、シャア少佐率いるジオン公国軍の奇襲を受けた際に焼失したとされている。そして、あのアムロ・レイが乗り込んだのが「白・青・赤」に塗装された2号機である。

3号機もジオン軍の奇襲の際に破壊されたと思われたが無傷で回収されており、後にG-3ガンダムへと改修されることになる。(諸説あり)

なお、型式のRX-78の後の”1”や”2”は、1号機・2号機の意味ではなく、それぞれの仕様を意味している。

プラモデル情報

プロトタイプガンダムのプラモデルは1983年(昭和58年)6月にMSVシリーズから「RX-78-1 プロトタイプガンダム」の名称で発売されている。1/144スケールで価格は400円。

パッケージのイラストは石橋謙一氏が描いている。

サイド7で行われたテスト中の風景が描かれており、2機のガンダムと後方にはガンキャノンの姿も確認できる。

機体スペック

  • 名称:プロトタイプガンダム
  • 型式:RX-78-1
  • 頭頂高:18.0m
  • 本体重量:43.4t
  • 装甲材質:ルナ・チタニウム合金

武装

  • 頭部バルカン砲×2
  • ビーム・サーベル×2
  • ビーム・ライフル(ハンドショットガンタイプ)

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!