- 総投票数4000票突破! -

あなたの好きなガンダム作品は?

【リュウ・ホセイの名前の由来】ガンタンクのイメージと合致する!?その名に隠された裏側

356view

2023.08.24

目次

リュウ・ホセイの名前の由来とガンタンクとの関連性

1979年に放送された日本のアニメーション作品「機動戦士ガンダム」に登場するキャラクターの名前の由来シリーズ第4回は「リュウ・ホセイ」だ。

リュウ・ホセイは地球連邦軍に所属する正規軍人でありホワイトベースの乗組員である。

リュウは熱心で社交的な性格を持ち、作品内での彼の役割は主人公アムロ・レイや他のホワイトベースの乗組員との関係を通じて、友情、信頼、そして戦争の厳しさを描き出すものとなっている。

今回はそんなリュウ・ホセイの名前の由来を深掘りしていこうと思う。

旧日本軍の戦闘機説

ホワイトベースに配備された「ガンタンク」のパイロットであるリュウ・ホセイの名前は、日本が戦時中に開発した多機能艦上攻撃機「流星」に由来しているされている。

この「流星」は雷撃や爆撃にも対応した高火力の機体であるため、ガンタンクの特性とよく合致していることがわかる。

主に格闘戦に特化したゼロ戦を彷彿とさせるアムロ・レイの名前の由来と比べ、リュウ・ホセイの名前とその作品内でのポジションはイメージ的にも合致していると言えるだろう。

リュウ・ホセイの名前の由来:まとめ

ガンタンクのパイロット、リュウ・ホセイの名前は多機能艦上攻撃機「流星」から取られており、その高火力と多機能性がガンタンクの特性と良く合致していることがわかった。

格闘戦に特化したゼロ戦をイメージさせるアムロと比べても、リュウ・ホセイの名前と彼の作品内での役割は密接に関連していると言える。

今のあなたにオススメの記事

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連記事

掲載中の記事を見る

error: Content is protected !!