- 総投票数4000票突破! -

あなたの好きなガンダム作品は?

【ガンダムの誤解あるある】ジオン側?極悪組織「ティターンズ」の真実

269view

2023.09.06

目次

『ガンダム』シリーズは、世代を超えて愛されるアニメの一つだ。しかし、その多様なストーリーラインと複雑な設定によって、ファンの間でしばしば誤解が生じることもある。

特に、『Zガンダム』に登場する「ティターンズ」についての誤解は多いようだ。

この記事では、その誤解を解き明かし、ティターンズの真実に迫る。

ティターンズはジオンの一部?

「ティターンズ」は、『Zガンダム』で初めて登場した組織で、ジャミトフ・ハイマンが創設者である。このティターンズは、主人公のカミーユ・ビダンとは敵対する存在として描かれている。

そのため、初代『機動戦士ガンダム』から続いて『Zガンダム』を見た人々は、ティターンズをいわゆる敵側(悪者)のジオンの一部であると誤解していることが屡々ある。

しかし、実際にはティターンズはジオン残党を掃討する目的で設立された、地球連邦軍の特別部隊である。

つまり、ジオンとは全く異なる組織であり、組織の目的も全く異なっている。

ティターンズの暴走:地球連邦軍とは一体?

ティターンズは、その行動によって多くの疑問を投げかけている。例えばデモの鎮圧の際に『毒ガスを使用』したり、『コロニーを落とす』など、その手段はまさに極悪非道なのだ。

これらの行動から、多くの視聴者がティターンズはジオン側というイメージが生まれてしまったという事も考えられる。

また、初代『機動戦士ガンダム』で主人公アムロ・レイが所属していた地球連邦軍とは一体何だったのか?と疑問に思う人も多いだろう。

ファンの混乱:ティターンズの影響

初代『ガンダム』と『Zガンダム』を連続して視聴した視聴者や、当時のリアルタイム視聴者にとって、ティターンズの存在は混乱を招いたようだ。

特に、ティターンズが地球連邦軍の一部でありながら、その行動が極端(非道)である点が多くのファンを困惑させる結果となった。

ティターンズの後継組織

ティターンズが壊滅した後、その一部は新たな組織として再編されている。

これが後の『機動戦士ガンダムΖΖ』や『機動戦士ガンダムUC』に登場する「ネオ・ジオン」や「スローネ・ファウンデーション」だ。

これらの組織もまた、ティターンズと同様に多くの誤解を生んでいる組織なのだ。

まとめ:ティターンズの真実

『ガンダム』シリーズは、その複雑な世界観と多様なキャラクターによって、多くのファンを魅了し続けている。

しかし、その複雑さゆえに誤解が生まれやすいのも事実だ。特に「ティターンズ」については、その真実を知ることで、『Zガンダム』やその他のガンダムシリーズをより深く理解することができるだろう。

今のあなたにオススメの記事

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連記事

掲載中の記事を見る

error: Content is protected !!