【マサヤ・ナカガワ】専用機 ”陸戦型風の宇宙用” 高機動型ザクⅡを解説!

563view

「マサヤ・ナカガワ」専用ザク


(出典 images-na.ssl-images-amazon.com)

マサヤ・ナカガワとは?


(出典 bandai-hobby.net)

マサヤ・ナカガワはジオン公国軍の日系エースパイロット。
所属は「ア・バオア・クーのEフィールド防空大隊」で、階級は中尉である。

パーソナルカラーの茶色を基調とした専用のザクに搭乗した。

連邦軍に陸戦用と間違われたザク

パーソナルカラーは”茶色”を基調としたミリタリー風である。
そのため、地球連邦軍は地上用の陸戦型のザクとして認識していた。

その理由として連邦軍は当初、この機体の上半身の写真しか入手しておらず、宇宙用(R-1型)の特徴である背面・脚部の確認が出来なかったためである。

その後、下半身の写真を入手したことで、連邦サイドで宇宙用の機体であると認定されている。

ナカガワ専用機(MS-06R-1A)の特徴としては、通常は前頭部にあるブレードアンテナが頭頂部に付いている点である。

また、右肩のスリットが塞がれる形になって残っている点から、もとはR-1型で、R-1A型に改修した機体であると思われる。

なお、機体の基本スペックと武装は、初期型の高機動型ザクⅡ(MS-06R-1)と同じである。

プラモデル情報

マサヤ・ナカガワ中尉専用の高機動型ザクⅡのプラモデルは、1983年から1985年に展開されたMSVシリーズでは発売されていない。

機体スペック

  • 名称:高機動型ザクⅡ(マサヤ・ナカガワ専用機)
  • 型式:MS-06R-1A
  • 登頂高:18.0m
  • 重量:61.8t
  • 全備重量:76.8t
  • 出力:1.012kW
  • 推力:52.000kg
  • センサー有効範囲:3.200m
  • 装甲材質:超硬スチール合金

武装

  • ヒートホーク
  • ザク・マシンガン
  • ザク・バズーカ
  • ジャイアント・バズ

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!