【ザクタンク】回収作業用としてパーツを再利用して開発された MS-06Vを解説!

617view

ザクタンク

回収作業用ザク

ザクタンクは「マゼラ・ベース」の上にザクの上半身を付けたタンク型のザクである。

上半身に使用されたザクは、主に戦闘などで破損し、戦闘能力が無くなったMS-06が利用されている。

上半身を人型のザクにすることにより、腕を使用した効率的な作業が可能となり、主に建設作業などで活躍した。

ザクタンクを用いた作業を初めて実現させたのは、アフリカ戦線で活動していた”工作作業中隊”である。

なお、ザクタンクにはMS-06Vと正式な型式がついているものの、全ての機体が現地生産となっている。現地にて破損したザクのパーツを再利用して生産された特殊なMSである。

ザクタンクの構造

マゼラ・ベースの操縦席であるマゼラ・トップを排除し、その空いたスペースにザクをマウントするための可動式のユニットを取り付け、ザクの上半身を固定する。

腕は作業用のものに取り換えられており、背部のランドセルも「クレーンやカーゴデッキ」に変更するなどして、作業の効率化が図られている。



プラモデル初登場

なお、ザクタンク(MS-06V)のプラモデルが発売されたのは1983年(昭和58年)9月である。
1/144スケールで、価格は600円。

機体スペック

  • 名称:ザクタンク
  • 型式:MS-06V
  • 登頂高:14.7m
  • 重量:53.6t

武装

  • 3連マシンガン

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!