【アクト・ザク】ペズン計画で誕生!マグネット・コーティングを施した高機動型ザク MS-11を解説!

1084view

アクト・ザク


(出典 www.gundam.info)

ペズン計画で誕生した高機動型ザク

MS-11アクト・ザクはジオン公国軍の「ペズン計画」で開発された高機動型のモビルスーツ。

名称に”ザク”の名が付けられている通り、MS-06ザクⅡの性能向上を目指した機体である。機体関節各部にマグネット・コーティングを施して、高機動型タイプとなった。

アクト・ザクは駆動方式がこれまでジオン公国軍が用いてきた技術とは異なり、連邦軍が採用してきた技術が使われているのが特徴である。

  • ジオン公国軍:流体パルス・システム
  • 地球連邦軍:フィールド・モーター

アクト・ザクの駆動方式は「フィールド・モーター」が採用されている。

地球連邦軍が採用してきた駆動方式を搭載する事により、旧式化しつつあった”ザク”の機体性能は大幅に向上し、MS-14ゲルググに匹敵するほどの高機動な機体となった。

(※ゲルググの型式は本来MS-11になる予定であったが、開発遅延で14へと変更され、アクト・ザクが11を付ける事になったとされる)

しかし、ゲルググよりも早く試作機の開発に成功したアクト・ザクではあったが、一年戦争で実戦配備されることなく終戦を迎える事となった。

なお、後に地球連邦軍が開発した「ハイザック」は、アクト・ザクの流れを継承しているとされている。

プラモデル情報

アクト・ザクはMSVではなく、MS-Xから誕生したモビルスーツである。

機体スペック

  • 名称:アクト・ザク
  • 型式:MS-11
  • 頭頂高:18.2m
  • 本体重量:59.1t
  • 出力:-
  • 推力:-

武装

  • ヒート・ホーク
  • ブルパップ・ガン

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!