【ガンタンク】連邦軍初の長距離支援型モビルスーツ RX-75を解説!

497view

ガンタンク

地球連邦軍初のモビルスーツ

地球連邦軍の「V作戦」RXシリーズで開発されたモビルスーツ「ガンタンク(型式:RX-75)」。

RTX-44がガンタンクのルーツとなっており、戦車の車台にMSの上半身を載せたもので、ジオン軍の「ザクタンク」と似た姿をしている。

地球連邦軍が初めて開発したMSは多くの人がガンダムだと思っているであろうが、人型・直立歩行型ではないにしろ、実はこの”ガンタンクが最初”である。

長距離支援型として運用され、キャノン砲2門にミサイルランチャーを備えているため火力が高い。また、ガンダム・ガンキャノンと同じく「コア・ブロック・システム」も搭載している。

一年戦争ではホワイトベース隊に配備され、ハヤト・コバヤシやリュウ・ホセイがパイロットとして搭乗。宇宙戦では苦戦を強いられたが地上戦闘においては活躍を見せた。

その有効性が認められ、後に後継機となる「ガンタンクⅡ」が開発されることになる。

プラモデル情報

ガンタンク(RX-75)のプラモデルは1983年から1985年にかけて展開されたMSVシリーズからは発売されていない。

機体スペック

  • 名称:ガンタンク
  • 型式:RX-75
  • 頭頂高:15.0m
  • 本体重量:56.0t
  • 全備重量:80.0t
  • 出力:878kW
  • 推力:88.000kg
  • センサー有効範囲:6.000m
  • 装甲材質:ルナ・チタニウム合金

武装

  • 4連装ボップ・ミサイルランチャー×2
  • 120mm低反動キャノン砲×2

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!