- 総投票数2800票突破! -

あなたの好きなガンダム作品は?

【陸戦用ジム】被弾率が高い部位の装甲を強化した欧州仕様機

605view

2022.01.08

陸戦用ジム

装甲強化した欧州仕様機

地球連邦軍が開発した陸戦用モビルスーツ、陸戦用ジム(型式:RGM-79F)は、一年戦争後期においてヨーロッパ戦線に投入された機体である。

モビルスーツは地上での戦闘(主に市街地・森林)において、機体の上半身に被弾する割合が高かった。

連邦軍はその対策として、被弾率が高い「上半身および頭部」の装甲強化を図った。

そうして改修された機体が、本機「陸戦用ジム」である。

当然ながら、装甲強化によって機体重量が増す事になったが、スラスターを6基備えた「専用ランドセル」で機動性低下に対応している。

標準装備している「ビーム・スプレーガン」は、ジム(型式:RGM-79)が装備しているものとは異なるタイプである。

また、大口径武装ではハイパー・バズーカではなく、「レール・キャノン」と呼ばれる電磁投射による射撃兵器を備えており、実体弾兵器と比べて命中精度と取り回しに優れいている。

右腕には専用の「スモールシールド」を備えており、前腕部分のみを防御できる小さいシールドとなっている。

なお、陸戦用ジムの機体ベースは、ジム(型式:RGM-79)の後期生産型であり、東南アジア戦線に配備されていた先行量産型の「陸戦型ジム(型式:RGM-79[G])」とは別系統である。

名称が似ているため混同されやすいが、機体系統上の関連性はない。

機体スペック

  • 名称:陸戦用ジム
  • 型式:RGM-79F
  • 全高:-m
  • 頭頂高:18.0m
  • 重量:48.2t
  • 全備重量:61.5t
  • 出力:1.250kW
  • 推力:53.800kg
  • センサー有効範囲:6.100m
  • 装甲材:チタン・セラミック複合材

武装

  • 60mmバルカン砲
  • ビームサーベル
  • ビームスプレーガン
  • レール・キャノン
  • (スモールシールド装備)

今のあなたにオススメの記事

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!