【ヘビーガンダム】フルアーマーガンダムの問題点を改善した重装型ガンダム FA-78-2を解説!

681view

ヘビーガンダム


(出典 bandai-a.akamaihd.net)

重装型ガンダム

FA-78-2ヘビーガンダムは、地球連邦軍が一年戦争末期頃に「FSWS計画」で開発したFA-78-1フルアーマーガンダムの代替案(派生型)として開発されたモビルスーツ。

増加装甲タイプのフルアーマーガンダムとは異なり、設計の段階で重装甲になっているのがヘビーガンダムの特徴である。

なお、ヘビーガンダムは当初”ストロングガンダム”とも呼ばれていた。

フルアーマーガンダムで問題視されていた本体重量の軽量化には成功したヘビーガンダムであるが、武装に「肩部ビームキャノン、ビームサーベル、ビームライフル、バズーカ、フレームランチャー」を備えた結果、重武装となったため逆に機動性の低下が懸念されることとなった。

この機動性の低下については、新型の推進機を搭載する事で改善させる予定であったが、開発遅延などの理由で計画は頓挫している。

また、支援兵器のガンキャリー(Gパーツのようなもの)も開発されるなどしたが、U.C.0079年11月末に全ての開発計画が中止となっている。

プラモデル情報

ヘビーガンダムはMSVではなく、MS-Xから誕生したモビルスーツである。

機体スペック

  • 名称:ヘビーガンダム
  • 型式:FA-78-2
  • 頭頂高:18.4m
  • 本体重量:52.2t
  • 全備重量:-
  • 出力:-
  • 推力:-

武装

  • ビーム・サーベル
  • ビーム・キャノン
  • フレームランチャー
  • ビーム・ライフル(専用)
  • バズーカ(専用)

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!