- ワンクリックアンケート -

あなたの好きなガンダム作品は?

【メタス改】ハイメガキャノンを備えた砲撃戦仕様のメタス

38view

2021.01.07

プレミアム バンダイ

メタス改


(出典 MSV全書)

攻撃力・防御力が増したメタス

メタス改(MSA-005S)は、グリプス戦役期にエゥーゴとアナハイム・エレクトロニクス社による『Z計画』で開発されたメタス(MSA-005)を改修した機体である。

攻撃面では『ハイメガキャノン』を備えることで、高火力型仕様となった。また、防御面でも、関節各部の剛性が高められている。

※MSA-005メタスは可変機構を実現させるため、フレームの剛性があまり高くない

なお、ハイメガキャノンは機首部に内蔵されており、「モビルアーマー」、「モビルスーツ」のどちらの形態時でも使用可能となっている。

正し、モビルスーツ形態時でのハイメガキャノンは「水平撃ち」に限る。

機体スペック

  • 名称:メタス改
  • 型式:MSA-005S
  • 頭頂高:18.3m
  • 本体重量:34.9t
  • 出力:2.000kW
  • 推力:83.000kg
  • センサー有効半径:12.000m
  • 装甲材:ガンダリウム合金

武装

  • ハイメガキャノン
  • ビームサーベル×2

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る