- 総投票数2100票突破! -

あなたの好きなガンダム作品は?

【ガンキャノンA】新兵器の運用テストも兼ねた試作機

312view

2021.12.12

ガンキャノンA

ガンキャノンの試作機

本機ガンキャノンA(型式:RX-77-1A)は、一年戦争で「カイ・シデン」が主に搭乗したガンキャノン(型式:RX-77-2)の試作モデルの一つである。

型式:RX-77-1の改良型であるとされている。

ガンキャノンはビームサーベル等の近接戦闘用の武装は備えておらず、重装甲で両肩にキャノン砲を備えるなど『中距離支援機』をコンセプトに開発されている。

ガンキャノンAもそうしたコンセプトを実践した機体となっており、肩部や腕部には増加装甲によって重装甲化されている。

重装甲化する一方で、ある程度の機動性が確保できるようにバランスも保たれている。

さらに、腰部には新たに開発された「3連ミサイルポッド」を備えるなど、新兵器の運用テストも兼ねた機体であった。

機体スペック

  • 名称:ガンキャノンA
  • 型式:RX-77-1A
  • 全高:-m
  • 頭頂高:17.5m
  • 重量:51.0t
  • 出力:1.380kW
  • 推力:51.800kg
  • センサー有効範囲:6.000m
  • 装甲材:ルナ・チタニウム合金

武装

  • 60mmバルカン砲×2
  • キャノン砲×2
  • ビームライフル
  • 3連ミサイルポッド

今のあなたにオススメの記事

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る

error: Content is protected !!